【パズドラ】拳を極めし者・豪鬼の性能/テンプレパーティを考察

拳を極めし者・豪鬼 パズドラ

ストリートファイターVコラボで排出される豪鬼の進化後、拳を極めし者・豪鬼の性能やパーティについて考察していきます。

スポンサーリンク

拳を極めし者・豪鬼は狙うべきか

ダメージ吸収無効スキルを持ってない方や、コンボ強化3つ持ちのキャラがほしい方は是非狙ってもいいと思います。
今回のコラボガチャは石6個ではありますが、★6勢は全員アシスト進化もできますし、そもそも排出率敵に★6も出やすいようになっていますので。
豪鬼ももれなくアシスト進化することができますので、最悪流行りが終わったとしてもスキブ武器として使っていくことも可能です。

メイン性能

拳を極めし者・豪鬼 

リーダースキル

豪鬼単体で22.5倍の倍率を出すことが可能。すさまじいほどの攻撃倍率をもちながらもダメージ半減まで持つ凶悪なリーダースキル。ただしそのぶん条件が厳しく、9コンボ異常が必要。9コンボ以上を毎ターン狙って出すのはかなり難しいため、必然的にフレンドは7×6盤面にする性能をもつキャラになるであろう。
最適なフレンドは火力と軽減の両立ができているディアブロスか、火力に特化したギルガメッシュが良いだろう。

スキル

ダメージ吸収を無効に、割合ダメージを与える。一般的にダメージ吸収に対して割合ダメージのスキルを打つとほぼほぼ吸収されてしまうが、このスキルの場合順番的にダメージ吸収を解除してから割合ダメージを打つため、問題なく割合ダメージも通る仕様。なおスキルにダメージ吸収無効しか持っていない場合、敵もダメージ吸収してこないとスキルの発動ができないが、豪鬼の場合はダメージ吸収をしてこない敵に対しても割合ダメージのためだけに発動することも可能。

覚醒スキル

バインド耐性とスキブ3つに追い打ちとコンボ強化2つと、完成された覚醒スキル。
超覚醒にもコンボ強化があるため3つ持ちにできれば尋常じゃない攻撃力をたたき出す。
進化前ならHP50%以下強化でもいいだろうが進化後はコンボ強化1択。テープ耐性もよほどのことがない限り他のキャラで対策したほうが良いだろう。

パーティを組むためのサブ考察

サブに必要な要素1 – 操作時間の確保

倍率を出すために常に9コンボ以上が必要になってくるが本人のリーダースキルに操作延長もなければ、覚醒スキルに操作延長もないため、必然的にサブで指の時間を確保する必要が出てくる。
7×6盤面で使うことも考えて自分が必要な時間分、サブで操作時間を確保しよう。

サブに必要な要素2 – 闇属性で固める

攻撃力と回復力に倍率がかかるのは闇属性のみなのでできるだけ闇属性を含めて固めたい。
しかしどうしても覚醒無効解除や耐性の都合上闇属性が含まれないキャラもいると思うが、
9コンボ以上での9倍は乗るので1枠くらい闇属性でなくてもサポートとして割り切れば問題はないだろう。

サブに必要な要素3 – コンボ強化が発動できる

9コンボ以上しないと半減もできないので必然的にコンボを組むことになる。
そうなると覚醒スキルのコンボ強化が大いに力を発揮してくれる。コンボ強化持ちのキャラでまとめてチーム全体の火力も統一されれば攻略も捗る。

スポンサーリンク

編成案

最強編成

コンボ強化を大量に盛りつつ無効貫通でも火力を出せる超火力編成。
イデアルに操作時間延長はないがチーム全体のHPをあげつつコンボ強化3つ持ちで高火力。
ノアも超覚醒でコンボ強化3つ持ち可能。操作延長も2つある。
正月ツクヨミはコンボ強化2個持ちに加えて操作時間延長+を2つもつため操作時間の確保としてはドンピシャ。加えて3ターンだが覚醒無効も解除できる。
闇メタのスキルで自分のHPを削ってしまうが、回復力にも倍率がかかるため、復帰は難しくない。

編成難易度低め

通常のゴッドフェス等で入手できるキャラのみで組んだ編成。
正月ツクヨミでなくとも通常のツクヨミでも操作時間延長4つは確保可能。超覚醒でコンボ強化も付与可能。
濃姫はコンボ強化2つ持ち、毒/暗闇耐性まで併せ持つため有能。
コットンは超覚醒でコンボ許可3つにできるし、無効貫通の枠にしてもよい。
オオクニヌシも超覚醒でコンボ強化付与でき2つもちにできる。
ややバインドに弱いがコットンのバインド列回復でカバー。

その他サブ候補

サブ候補1 – 探訪の獄幻姫・ロミア

超覚醒でコンボ強化2つ持ちにできる上ドラゴンキラーも持っているのでドラゴンに対してかなりのダメージを与えることができる。あわせて操作延長も4つあるのでパーティに優しい。
バインドは知らん。

サブ候補2 – 追跡の刻龍喚士・ニース

自身がバインドを食らってしまった後では時すでに遅しにはなるものの、覚醒無効解除の役割とHP倍率がかからない豪鬼パのHPタンクとして役立つ。
覚醒の数が少なすぎるのがネック。

宇剣の天王神・ウラノス

操作時間延長はないものの、最新の進化でコンボ強化3つもちになった。スキルは陣と同時に属性吸収も無効にできるため、ダンジョンによって採用はあり。

休憩の時女神・ヴェルダンディ

通称ハロウィンヴェルダンディ。操作時間延長2つ、コンボ強化2つ、回復込み3色陣と相性はバツグン。HP全回復も素晴らしい。

まとめ

豪鬼xディアブロスで組むことで軽減+半減でかなりの防御力を得る。
条件も9コンボするだけなので盤面に左右されにくく安定感は高い。
パズルに自信があれば操作延長持ちのキャラを減らしてコンボ強化に寄せていけばたいていの敵はワンパンで沈めることが可能であろう。
何気に豪鬼のダメージ吸収無効が便利で、今まであればそれ用に1枠キャラやアシストを用意しなければいけなかったがそこに余裕ができるのは大きい。
エンハンスがなくともツクヨミのドロップ強化の効果でダメージは上がるので、無効貫通時もかなり火力は高くなる。一言でいえばシンプルにっょぃ。