【パズドラ】極醒の黒龍契士・ティフォンの性能/テンプレパーティを考察

パズドラ

パズドラ7周年で極醒進化を遂げたティフォンに関して、メイン性能やパーティ編成を考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

メイン性能

リーダスキル

ドラゴン属性縛りにはなるもののHP2倍で、軽減付きの攻撃12倍は一言でいえば強いです。特に色の指定もないためパーティの幅もそれなりに上がります。
ただし軽減を張るには回復4個以上が必要で、どれだけ回復ドロップを確保し続けられるかが課題。さらには回復倍率もないので、割合等を食らった時の復帰のことも考えておきたい。

スキル

回復含む4色陣とドラゴン2倍エンハンス。攻撃倍率の低さをエンハンスで補えるのは非常にシナジーがあって助かります。
発動ターンも最短9ターンとそこまで重たくはないので使いやすいスキルと言えるでしょう。

覚醒スキル

コンボ強化2つ持ちに合わせてキラーも持っているため、悪魔属性に対しては非常に強力なダメージを与えることが可能。
バインドも効かずかつ列バインド回復も持っているため、覚醒スキルには一切の無駄がないと言える。

サブ考察

サブに必要な要素1 – ドラゴンタイプ

リーダースキルのHP補正がかかるのはドラゴンタイプのため、タイプにドラゴン属性が含まれるキャラで揃えたい。
その際色の指定はないためメイン・サブ属性含めて何色でもよいが、ティフォンのスキルで変換される陣は火・水・闇なので、メインはこの3色になるのが無難と言える。

サブに必要な要素2 – 回復ドロップの供給

軽減を発動するには回復ドロップが4つ以上必要になる。
普通にパズルをした場合確実に毎ターン4つ以上確保できるかと言われるとやや微妙。
HP補正がかかるためある程度のダメージには耐えられるがいざという時のためにスキルで回復ドロップを消さず、できれば回復ドロップを生成できるスキルが望ましい。

サブに必要な要素2 – できればコンボ強化で固める

リーダースキルの都合上基本的には6コンボ以上組むことになる。
コンボするだけで倍率がかかる覚醒スキルのコンボ強化は相性抜群。
チーム全体の火力の均一化もできるのでコンボ強化で固められると運用しやすい。

テンプレ案

超火力テンプレ

一言でいえば力の暴力といったパーティ。
メンツ的にコラボトップレア・フェス限・季節トップレア・龍喚士最トップレアと非常に敷居の高いパーティにはなるが、全キャラコンボ強化2つ持ち以上、全員バインド耐性、全員スキルで回復生成、無効貫通対応という無敵艦隊のようなパーティ。
アシストで耐性を付与していけばもはや弱点が見つからない。

編成難易度低め

モンポ購入3体とダンジョンドロップで組めるパーティ。
アザトースはステータスが非常に高いためチームの総合HPを底上げしてくれる。
さらには超覚醒でコンボ強化2つもちにできるため非常に優秀。
ラグドラはいつも通りの神タイプの対策として優秀かつ。スキルで回復4つ以上になるかは運頼み。
光ヘラドラも超覚醒込みでコンボ強化2つ持ちにできるうえ、スキルで回復ドロップを確定で4つ生成できるため便利。
ただしラグドラとヘラドラは木と光属性でありティフォンのスキル使用時には木と光ドロップが生成できないため攻撃に参加しにくい点がネック。

火属性メイン編成

ドラゴンタイプであれば属性の指定はないためメイン属性を火に寄せたパーティ。
だいたいのボスがダメージ無効を持っているが、そこはスオウの無効貫通3つで突破していく。無効貫通役とスオウがいなければバルディンでも良い。
エンラはコンボ強化3つ持ちで盤面によっては回復ドロップ生成も可能なため優秀。

水属性メイン編成

火と同じく水属性メインのパーティを組むことも可能。
ネイ、ヨグに関してはどの属性もHP回復しつつ回復ドロップも生成できるため相性はバツグン。

クロユリループ編成

最後は回復をクロユリのスキルに任せるクロユリループ編成。
盤面に回復ドロップがない場合や割合を食らった場合でもクロユリのスキルでHPを常に高い状態で維持しながら戦っていくことが可能。
スキル枠で2体サブを埋めてしまうが、他をコットンとバレンタインネイで埋めることで火力を補う。スキルの打ち忘れには注意。

スポンサーリンク

その他サブ候補

サブ候補その1 – 古城の灯龍喚士マイネ

マイネ

マイネ自体のスキルは何の意味もないが最短1ターンで発動できるため、アシストを乗せてスキルをすぐ使用することが可能。
マイネ本体の覚醒スキルのチームHP強化とお邪魔/暗闇耐性が割と優秀なため採用検討の余地は大いにあり。

サブ候補その2 – 陸奥圓明流継承者・陸奥九十九

何気にドラゴンタイプの方。光属性のエンハンスはおいといて、、陣のスキルとコンボ強化2つ持ちで採用の余地あり。

サブ候補その3 – 火竜・ナツ

ドラゴンタイプでコンボ強化2つ持ち。火染めパーティにした場合や、ダンジョンによって属性吸収無効の敵が出てくる場合に有効。

サブ候補その4 – オーディン=ドラゴン

安心と信頼と実績のおでドラさん。HP回復安定要員として防御型の方でも有り。

まとめ

同じタイミングで極醒したイルムと比べると明らかにティフォンの方が強み・・。
イルムのスキルトリガーに比べるとコンボするだけで満たせるこちらのほうが強いのは明白。闇メタに勝らずとも劣らずの性能であると言えるでしょう。
ただし攻撃の倍率はやや低いため、普段火力があるパーティを使っていると思ったほど火力がでず、いつもなら突破できるところを削り損ねてしまう場面もあるので注意。

パズドラ タッチペンセット
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥3,278(2019/12/02 05:41時点)