【パズドラ】聖光気の使い手・仙水忍の性能/テンプレパーティを考察

究極仙水 パズドラ

絶賛コラボ中の幽遊白書コラボのガチャでゲットできる仙水の究極進化状態である「聖光気の使い手・仙水忍」の性能やパーティを考察していきます。

スポンサーリンク

仙水は狙うべきか

7×6盤面にできるリーダーの中でもTOP3に入る性能を持っているので、ディアブロスや他の協力な7×6リーダーを持っていないなら狙う価値はオオありです。
フレンドに借りるという手もありますが、時が経つと風化して出てこなくなったり使いたい時に出てこない場合もあるので自分でもっておくのが一番安心。
幽遊白書コラボは他にも優秀なキャラがいるので回しても損はないでしょう。

メイン性能

リーダスキル

7×6マスになるうえに軽減もついて攻撃倍率も10.5倍とかなりの性能の高さ。
8コンボ以上という条件も7×6マスなら特に苦にはならず、4色以上の条件も欠損の可能性はかなり低いため自然に条件を満たすことは可能。

スキル

1ターンのダメージ激減と回復なしの4色陣。回復がないのは少し残念ではあるが、激減が張れるのででかい先制攻撃が待っていたとしても強気に攻略していける。

覚醒スキル

10コンボ強化は攻撃力5倍になる覚醒で通常なら使いにくいが7×6マスなら問題なく発動できるだろう。あわせて無効貫通も盤面が広いため発動もしやすいし、超覚醒でさらに火力を上げることも可能。操作時間延長も2つついているのはかなり助かるポイント。

サブ考察

サブに必要な要素1 – 属性の色を揃える

軽減を張るためには4色以上のドロップを消す必要がある。
回復ドロップは含まれないため、リーダーの仙水での闇/光を除く火/水/木属性をサブで用意する必要がある。最悪どうしてもいう場合、仙水のスキルの陣が火/水/光/闇なので木属性は省いてしまっても構わない。しかしいるにこしたことはない。

サブに必要な要素2 – 自分のパズル力に応じた操作時間の確保

7×6盤面になり8コンボ以上を求められる。4色を消しつつ最大火力時には無効貫通も組まないといけない場面も求めらることを考えると、リーダースキルに操作時間延長がないと少し厳しい場合もあるだろう。自分のパズル力と相談してサブに操作時間延長を持つキャラを詰めていく。

フレンドの候補

7×6マスにするリーダーの場合、フレンドは同じキャラにならないことがほとんどです。
仙水も同じように、仙水x仙水ではなく他のキャラと組むことになります。
その際フレンドの選択はコンボの数が多いが攻撃倍率が高かったり、多色で条件が難しいがHP補正や軽減率が良いなどの普段使うのが難しいキャラが採用されることが多いです。いくつか候補を上げてみます。

拳を極めし者・豪鬼

拳を極めし者・豪鬼

闇属性の仙水にもしっかり倍率がかかることと、9コンボという5×6マスでは非常に難しい条件のリーダースキルですが7×6マスで盤面的に不可能になることはありません。
回復倍率もかかる上に半減もあるのでかなり高耐久なパーティが組めます。

極醒の聖魔王・パイモン

こちらどちらかと言えば攻撃特化型。十字消しの数も7×6マスなら複数生成可能。
さらに仙水の陣は光と闇の両方を含んでいるため、シナジーはあります。

愛執の断龍喚士・ロシェ

闇属性の攻撃力4倍ということで仙水にもかかること、8コンボ以上の難易度も7×6なら問題なしということでマッチングします。リーダースキルで操作時間を2秒伸ばせるのも強い。

サーヴァント・セイバーオルタ

4色以上という条件が仙水と同じであり、全パラ1.5倍と軽減持ちで耐久力も高くなる。また敵を倒したくないが軽減だけして耐えたい場面でも、コンボはせず4色だけ消すというパズルで攻撃倍率を調整して耐久できるのも良い。

スポンサーリンク

テンプレ案

最強テンプレ

イデアルのチームHP強化とニースのステータスでのHPの底上げで、HP倍率がかからないパーティでもある程度のHPを確保することができる編成。
操作時間が短くなりがちなところと属性の水要素でツクヨミを採用。
火属性枠としては分岐前の仙水でも可。

編成難易度低め

コラボで入手できるキャラを省いた編成。火/水/木は属性合わせに必要だが、徳川家康の枠は他のキャラでも可。無効貫通枠で採用したが仙水も無効貫通を一つだけ持っているため、他の操作延長を伸ばすキャラや光/闇を含む陣のキャラでも問題はない。ただしその場合は4色以上の陣でないと仙水の軽減が張れないので注意。

その他サブ候補

サブ候補その1 – ラグドラ

ラグドラ

何気にキャラを探していると多色の闇メインで複属性木の枠が少ないことに気付く。
木メインで複属性闇であれば神タイプに強いラグドラが採用可能。スキルも全色陣と相性もよく操作時間延長も2つもらえる。

黒龍波を極めた者・飛影

同じく幽遊白書コラボから。闇ドロップ99ターン目覚めで闇ドロップを大量に確保できればチーム全体の火力が底上げされる。
飛影本体もコンボ強化2つ持ちで、超覚醒で3つ目も付与可能なので豪鬼がいない場合は強力なアタッカーになれる。

冥華の大魔女・リーチェ

豪鬼がいない場合のダメージ吸収無効枠として採用可能。
コンボ強化2つ持ちであったり、超覚醒で雲耐性や操作不可耐性がつけられたりバランスタイプなので潜在キラーも好きなタイプをつけられたりと、多くの役割を担ってくれる。

無形なるもの・アザトース

ダンジョンドロップで入手できるモンスターの中では屈指の強さを誇る。
スキルも全色陣で相性はよく、超覚醒でコンボ強化2つ目を付与できるので、火力もそれなりに出せる。なによりLv110で+297をふった時のHP8429はなかなかのもの。

まとめ

現状たいていのボスはダメージ無効を持っており、無効貫通が打ちにくい多色は弱いというレッテルを張られていた。しかし7×6マスにできるリーダーであればその問題は解消することができる。
さらに仙水のように攻撃倍率が高ければ無効貫通でワンパンも可能な範囲も増えてくるので、仙水は強力なリーダーになっていると言える。
7×6盤面のパズルが面倒でなければある程度長い期間使っていけるリーダーになるだろう。

ちなみに

仙水x豪鬼で異形の存在攻略しました。

仙水x豪鬼で異形の存在(実況解説付き)