パズドラの実況動画をYoutubeにアップする方法を細かく解説 ~準備編~

iPhoneアプリ

どうも、主です。
最近ちらほら動画をYoutubeにアップしはじめたのですがなかなか再生数を伸ばすのは難しいですね!
今回はiPhone 1台で完結する「パズドラの実況動画をYoutubeにあげる方法」を1から全部手順/やり方を記載していこうと思います!
ちなみにここで記載する手順はすべてiPhoneでの環境のみになります。
Android環境は私が持ち合わせていないので記載することができません、ご了承ください。

なお今回はパズドラで行っておりますが、他のゲームも手順的には変わりません。
ただもしかするとゲームによっては著作権やアプリの仕様上録音しても音楽が入らないなどの事情があるかもしれません。
スポンサーリンク

全体の流れ

~全体の流れ~
準備編→収録編→変換編→編集編→投稿編→加工編になります。
今回のページは一番最初の「準備」の段階の説明を行います。
ちなみにお金は1円もかかりません。すべて無料で対応していきます。

準備するもの

iOS 11以上搭載のiPhoneとイヤホン機能付きマイク

出典:Amazon

まずはiOS 11以上が搭載されたiPhoneが必要になります。(iPhone SEやそれ以上古いとiOS 11が入らないので不可)
iOS 11以上になって初めてiPhoneの画面を録画する機能「画面収録」が使えるようになるためです。iOS 11と12で特に収録機能に関して違いはありません。
次にイヤホンマイクですが、iPhoneであれば付属しているイヤホンにマイクが付いているのでそれが使えます。↓こういうやつ

もちろんこれじゃなくてもiPhoneで通話できる他のイヤホンでもOK。重要なのはマイクがついてるかどうかです。

PUZZLE & DRAGONS

パズドラのことです。パズドラの収録をするのでパズドラは入れてください。
これを見ている方はすでに持ってると思うのでリンクは割愛…

Googleアカウント

最終的にYoutubeに動画をアップロードする際に必要になります。
普段Youtubeを見ている人なら持っていると思うのでそれを使ってもいいですし、動画投稿用に新しく作ってもいいと思います。
もしGoogleアカウントの作り方がわからないということがあれば別記事を作成しますが、今回は省略致します。
持ってない方はGoogleにアクセスしてアカウント作成を行いましょう。

iPhoneのアプリ「Youtube」

Youtubeに動画を投稿するために使います。
厳密に言うとこのアプリを使わずにiPhoneのSafariのアプリからYoutubeのサイトにアクセスして動画を投稿することも可能ですが、
iPhoneでPC版のYoutubeのページを表示させることになるため操作がしにくくなります。そのため今回はYoutubeのアプリを使って動画を投稿します。

App Storeからダウンロード

iPhoneのアプリ「iMovie」

収録した動画を編集するために使います。
もし完璧にこだわりたい人はオープニングやエンディングなど別途データの作成が必要になりますが、iMovieではそのオープニングと収録したパズドラ動画をつなげたり、動画の不要な部分をカットしたりします。

App Storeからダウンロード

iPhoneのアプリ「ビデオ回転」

今回はパズドラの画面を収録するのですが、そのままiMovieで編集して書き出すと左右に黒い部分が表示され真ん中にiPhoneの画面が出るような感じなってしまいます。↓こんな感じ

その動画をそのままYoutubeに投稿すると同じ形式で投稿され、縦で見たいのに横向きの画面を見させられることになってしまいます。。これを避けるためにも書き出し終わった動画を90度回転させて縦動画として認識させます。

App Storeからダウンロード

iPhoneのアプリ「Phonto」

これは実際なくても構わないです。このアプリではYoutubeのサムネイルを作るために必要になります。サムネイルとは動画を再生させる前に表示させてる画像ですね。
↓こういうやつ

こういったサムネイルが特に必要でないのであれば不要です。でもせっかくなので今回は説明します。


App Storeからダウンロード

iPhoneのアプリ「YouTube Studio」

もし動画のサムネイルの変更をしないのであれば必要はありません。
しかしながらこのアプリを使うことによって、自分の動画がどれくらい再生されているのか、どこから見つけてきたのかをある程度知ることもできるので、今後本格的に投稿を続けていくなら入れておいて損はないでしょう。
ちなみにサムネイルの変更だけであればブラウザから行う方法もありますが、それはまた別途記述します。

App Storeからダウンロード

iPhoneのアプリ「Mixdata」or「Clipbox」

iPhoneの画面収録を使ってその動画をiMovieで編集しようとすると、自分のマイクの声が聞こえなくなりゲーム音楽のみになってしまいます。
一応iMovieでアフレコの機能もあるのですが、動画保存のアプリで一度カメラロールから動画を取り込みそれをもう一度カメラロールに吐き出した後その動画をiMovieで取り込めば音声が入っている状態になります。詳しくは編集のパートで記述します。

追記:ClipboxはApp Storeから入手できなくなっていましたが、Clipboxを持ってる方はそちらでも代用可能です。

App Storeからダウンロード

必要なものまとめ

  • iPhone(iOS 11以上)とイヤホンマイク
  • パズドラ
  • Googleアカウント
  • iPhoneアプリ「Youtube」
  • iPhoneアプリ「Youtube Studio」
  • iPhoneアプリ「iMovie」
  • iPhoneアプリ「ビデオ回転」
  • iPhoneアプリ「Phonto」
  • iPhoneアプリ「Mixdata」or「Clipbox」

準備としては以上です。
全て用意できたら今度はパズドラの収録に移りましょう。

パズドラの実況動画をYoutubeにアップする方法を細かく解説 ~収録編~