パズドラの実況動画をYoutubeにアップする方法を細かく解説 ~収録編~

iPhoneアプリ

iPhoneでプレイしたパズドラの動画をYoutubeにアップしてYoutuberになるための方法/やり方を1から細かく解説!
今回の記事では画面を収録開始して保存するところまで記載していきます。

~全体の流れ~
準備編→収録編(イマココ)→変換編→編集編→投稿編→加工編

スポンサーリンク

画面収録ができるか確認する

画面収録のボタンを確認

イヤホンマイクはとりあえず挿しておきましょう。
iPhone画面の一番したから上にスワイプし、コントロールセンターを出して画面収録のボタンを強めに押し込みます。
このボタンを押せば収録を開始できますが、まずは設定を確認するため押し込んでください。

保存場所が「カメラロール」、マイクが「オン」になっているか確認し、
「収録を開始」が押せる状態かチェックします。

もしコントロールセンターに画面収録のボタンが出ていない場合は、設定から追加する必要があります。
設定のアプリから、コントロールセンター>コントロールをカスタマイズ>下の方にスライドすると「画面収録」の項目があるので+ボタンから追加しましょう。


収録を開始する前の注意点

収録にあたっての注意点があります。

注意点1 – 録音前にパズドラを開くこと

それはアプリ(パズドラ)を開くタイミングです。
画面収録のボタンを押すと画面収録のボタンのアイコンが「3」「2」「1」と変化しカウントダウンが始まります。そのカウントダウンが終わったら画面収録が始まるのですが、今回の音声と音楽/効果音すべてまとめて録音する方法の場合は「カウントダウンが終わる前にパズドラを開く」必要があります。言い換えると画面収録が始まる前にパズドラを開いておく必要があります。
本番を録音する前にご自身で試していただくとわかると思いますが、画面収録が始まった後にパズドラを開くと、自分のマイクの声とパズドラの効果音は聞こえますが、音楽がなりません。
これはおそらくiOSの仕様だと思いますが、このまま録音をすると音楽は当然聞こえない状態での録音になります。
それがなぜか画面収録が始まる前にパズドラを開いておくことで音楽を鳴らし続けることが可能になります。なので録音開始前にパズドラの画面にしておいてください。

注意点2 – 音量調整が若干難しい。

今回の方法は音楽、効果音、自分の音声を一括で録音する方法になっていますがどういうことかというと「音楽・効果音・自分の声のデータが一つにまとめられてしまう」ということです。
つまり「後で自分の音声だけ大きく調整する」などの細かい変更はできません。
なので、事前に音楽の音量、効果音の音量、それに対しての自分の声の大きさを調整する必要があるということです。
これも一度テストしておくのが間違いないです。一旦録音してみて、無限回廊などのスタミナが0のダンジョンに潜って、コンボをしてその間喋ってみてください。
音量のバランスによってはコンボのシュインという音や全体攻撃のジュビビビン!!!という音に自分の音声がかき消されることもあります。
その場合はパズドラのアプリ内での効果音の設定を下げるか、iPhone自体のボリュームを下げましょう。録音する際はイヤホンマイクから聞こえるパズドラの音は「小さいな」くらいでちょうどよくなります。めちゃデカイ声で録音する人なら大丈夫かもしれません。

注意点3 – マイクの位置をいい感じにする

イヤホンをぶらさげた位置でしっかり自分の声が入るかどうかを確認してください。
入らない場合はマイクを自分の口の近くに固定できるようにクリップで支えるなどするとよいでしょう。

スポンサーリンク

実際に録音する

収録~終了まで

設定に問題がなければ画面収録のボタンを押しましょう。

カウントダウンの後、問題なく収録がされていればiPhoneの画面上部に赤いバーが出ます。(iPhoneの機種によってはバーは出ずに、赤い背景に時間表示だけ出てくる場合もあります)
バーが出てる状態はこんな感じ。

一通り収録が完了し、終了する際にはバー(もしくは赤い時計部分)をタップすることで本当に終了するかどうか確認されるので、停止を押します。

しばらく待っていると録画を保存したことを通知してくれます。
この保存作業は収録した分数が長ければ長いほど時間がかかります。
1分くらいの収録であれば数十秒で保存完了しますが、15分~20分くらいの録画になると保存するのにも数分かかりますのでiPhoneの電源を切ったりしないようにしましょう。

写真のアプリからビデオを確認するとしっかりパズドラの動画が保存されていることが確認できます。

以上でパズドラの動画の収録は完了になります。
次は収録した動画を編集できるように変換を行っていきます。

変換編はこちら
パズドラの実況動画をYoutubeにアップする方法を細かく解説 ~変換編~