パズドラの実況動画をYoutubeにアップする方法を細かく解説 ~編集編~

iPhoneアプリ

iPhoneでプレイしたパズドラの動画をYoutubeにアップしてYoutuberになるための方法/やり方を1から細かく解説!
今回の記事では変換した動画を編集し投稿できるように仕上げるまでを記載していきます。

~全体の流れ~
準備編→収録編→変換編→編集編(イマココ)→投稿編→加工編

■準備編はこちら
パズドラの実況動画をYoutubeにアップする方法を細かく解説 ~準備編~

■収録編はこちら
パズドラの実況動画をYoutubeにアップする方法を細かく解説 ~収録編~

■変換編はこちら
パズドラの実況動画をYoutubeにアップする方法を細かく解説 ~変換編~

スポンサーリンク

変換した動画をiMovieに取り込んで編集し保存する

iMovieに取り込む

まずはiMovieを起動します。

プロジェクトが選択されていることを確認し、「プロジェクトを作成」を押します。

ムービーを作るのか予告編を作るのか聞いてくるので「ムービー」を選択します。

どのデータを使うのか選択する画面になるので前回のMixdataで保存したパズドラの動画を選択し、

選択できたら画面下部の「ムービーを作成」を押すと編集画面に移ります。

動画の編集を行う

動画の編集画面に移行しました。とりあえず動画の先頭に戻るために先頭に戻るボタンを押します。


縦の白い線が動画の先頭に移動しました。

現在パズドラの動画は縦向きになっており、全体が表示されない状態になってしまっているので、向きを変換します。画面上部のパズドラの画面を2本の指で反時計回りに90度回します。(画像は一本指ですが2本指で操作します)

すると画面が横向きになりパズドラの全画面が表示されました。

倍速にする

動画の中で、カットはしないけど2倍速などで早送りしたい時などの操作方法です。
早送りを開始したい場面に白い線を合わせて動画のデータを押します。すると動画のデータの周りが黄色い線で囲まれるので、さらにその下に出てきた「分割」を押します。

するとその白い線の部分の前と後で動画データが2つに分割されます。

早送りを終了したいところに白い線をあわせもう一度同じ手順で分割を行います。
すると早送りしたい部分だけが切り取られたような形になりました。
早送りしたい部分を選択した状態にし、下の方に横並びになっているアイコンの中のスピードメーターのアイコンを押します。

ここで倍速の変更をかけることができます。

最大は2倍速までです。

ちなみに早送りではなくまるまるカットしたい場合は、同じ手順でカットしたい部分を分割していき、最後に「分割 切り離す 複製 削除」の中の削除を押せばカット(削除)することができます。

音量を調整する

音量を調節したい場合は横並びになっている中のスピーカーのアイコンを押します。

もし音が小さい場合は%を上げれば音量が上がります。
うるさく感じるため小さくしたい場合は%を下げれば音量が下がります。

編集した動画を保存する

早送りやカット・音量の調整などを行って編集が完了したら、編集したデータをカメラロールに保存します。編集画面の左上に「完了」というボタンがあるので完了を押すと編集画面を終了することができます。次の画面で下のほうにアイコンが並んで出てくるので、四角から上向き矢印が出ているアイコンを選択します。(アクションボタンといいます)

ちなみに画像の上に出ている再生ボタンを押せば編集した動画を再生することができます。
編集の一番最初に日本指で90度回転しましたが、もししなかった場合に再生するとこんな感じ。90度回転すると一応画面にすべて収まりますが、縦画面を横向きに全画面表示しているような状態です。
iOS版のiMovieでは横向きでしか保存できないためこの回転が必要になるのです。
続きです。アクションボタンを押すと新たな画面が出てきます。
その中にある「ビデオを保存」というアイコンを押します。
保存する際の画質はどうするかを確認してくるので「HD-720p」を選択します。
これは画質の数字であり、数字が高いほど高画質になります。

ムービーを書き出してカメラロールに保存してくれるので少し待ちます。
完了したらOKを押しましょう。

保存された動画をさらに回転させる

保存された動画は全画面表示されていますが横向きで全画面表示されてしまっているので、それをさらに回転させ縦向きにします。ビデオ回転のアプリを起動します。

まっくらな画面が表示されますが下のほうにアイコンが横並びに出てくるので、一番左のカメラのアイコンを押してデータを選択します。

データ選択画面に移行するので、モーメントを選んで、

その中にあるさっきiMovieから保存したパズドラの動画を選びます。(横向きになってるやつ)

動画が表示されます。右下の「選択」ボタンを押してデータを読み取ります。

圧縮が始まるのでしばらく待ちます。

圧縮が完了したら動画を回転させるために左から二番目の矢印がくるっとまわっているアイコンを押します。

これで動画が縦向きになり、縦向きの状態で全画面が表示された状態になりました。この状態をカメラロールに保存するので一番右の下向き矢印が書かれたアイコンを押します。

少し待つと右上に保存されたことが表示されます。
おそらくこのタイミングで広告が出てくると思いますが×マークや利用しないなどのボタンで閉じておきましょう。

カメラロールを見るとしっかり縦向きの動画が保存されています。
以上で動画の編集と画面の向きの変更は完了になります。次はその動画をYoutubeにアップロードします。