【スプラトゥーン2】スパッタリークリアの立ち回りとギア考察

スプラトゥーン

このページではスプラトゥーン2の最新アップデートで追加された新ブキ「スパッタリークリア」の立ち回りやギアの考察を行います。

スポンサーリンク

スパッタリークリアの性能

メイン性能

メイン性能はスパッタリー・スパッタリーヒューと同じです。
スパッタリーのスライド距離はマニューバーの中では短いですがその分スライドの速度が速い。
スライド後射撃の連射速度はかなり速く、ナイスダマを溜めている相手すらも撃ち落せることもある。立ち打ちの射程が尋常じゃなく短い。

サブウェポン – トーピード

メインとの相性がかなり良い。だいたいでしか相手の位置を把握できない場合でもトーピードを投げつけておき、自分も一緒に突っ込んで索敵で場所がわかった瞬間にスライドで一気に詰め込んでいくという戦い方が一般的。
トーピードは撃ち落しさえされなければダメージもそれなりに高く、塗りもかなり強いのでどうしても前に出られない時に味方のサポートとしてトーピードを投げまくるという戦い方もできるため立ち回りにかなり幅ができたと感じる。

スペシャルウェポン – スーパーチャクチ

どちらかと言えば強いとは言い難いスーパーチャクチだが、相手や状況によっては十分に性能を発揮することは可能。
敵と対面してダメージが重なった時の苦し紛れのスーパーチャクチはチャクチ狩りにあいやすいが、例えば味方にスーパージャンプしてはるか上空からのチャクチなら狩られる心配はないしエリアの一瞬での確保やホコ割に使ったりバブルメタなどの使い方をすれば、キルこそとれないがいい動きができるようになっている。
もちろん相手の実力を把握し、チャクチ狩りができない相手だとわかればどんどん対面で使っていっても良い。

スパッタリークリアの基本的な立ち回り

スパッタリーはKing of 短射程なので前に出て敵陣をあらしていくことになる。
サブウェポンの項目でも記載したがトーピードを投げて索敵しそこにスライドで密着するくらい距離まで詰めてキルを取るというのが基本的な動き。
注意しておきたいのはトーピードを投げることによりこちらの位置もばれることになるので潜伏からのキルを取る場合は相手にばれないように気を付けること。
スパッタリー自体塗りが弱いわけではないが射程が短い分塗れる範囲も必然的に狭くなってしまうし、スペシャルも塗れる範囲は限られているので編成にもよるがキルをとって前線を上げる役割になるだろう。ただし射程の短さゆえ最前線に出ることは難しいので潜伏からのキルを取るようなローラーに似た動きをすることも多くなる。
射程が短い為対面すると不利になることが多く、懐に入り込まないとほぼ負ける。相手のブキの射程をしっかり見極め、引くか詰めるかの切り替えを素早く行い死なないように立ち回る。そのため試合開始直後の編成の確認は怠らず対面した時のことを事前に考えておくのが得策。
基本的にどのルールもオブジェクトを放置することはできず、いざとなったり塗り役、ホコ持ち、ヤグラ乗りを行う。アサリに関してはスーパージャンプ→スーパーチャクチができるので積極的にガチアサリを作って飛んでいきたい。

スポンサーリンク

オススメのギア

カムバック

前線を張ることになるのでデスする機会も増えがち。
トーピード投げる>ジャンプしてスライドで詰めるという一連の流れでインクをかなり消費するので、メイン効率・サブ効率・イカ速が一時的に上がるカムバックは恩恵を大いに受けられる

イカ忍者

懐に入らないと倒せない短射程のスパッタリーにとってはいかに相手と距離を詰められるかが大事だが、イカ忍をつけておけばだいぶ接近しやすくなる。

サブインク効率アップ

もしカムバックを積まないならサブインク効率を積んでおくのはあり。
トーピードは連続で投げることはできないがヤグラに投げたりサポート時に投げたり索敵に投げたりと使用頻度は高いのでサブインク効率アップはかなり有効。

安全靴

敵陣に乗り込むことが多くなるため、すこしでも機動力を上げるために安全靴は強力なギア。サブ1個だけでもつけておくことをオススメする。

ステルスジャンプ

前線に出るならほぼ必須ギア。スーパージャンプ後もさらにスライドで回避することもできるので安全なジャンプが可能。

YouTuberのギア参照

GGBoyz – たいじさん

スプラの王ことたいじさんは、前線ブキということでゾンビを多めに積んでおられる。
さらに倒された後相手の位置がわかるようになる「リベンジ」もつけて確実にキルを増やしていくギア構成。

ねっぴーさん

超感覚派プレーヤーのねっぴー氏はイカ忍にあとはイカ速全振りのギア構成で徹底的にキルに特化していましたね。

かよたそさん

古くからのマニューバー使いで前線の動きに定評のあるかよたそ氏は、トーピードの使用率を考えサブ効率、後はイカ忍・ステジャンイカ速といった組み合わせ。

あしんさん

スパッタリー使いでこの人ははずせない。プロゲーマーのあしん氏は一風変わったギアで放送していた→→2019/7月の段階ではサブ効率アップをメインに2個+ステジャンのギアも使っている様子。

筆者のギア

サブインク効率はメイン1個は必要として、サブは2個でもいいと思う。ここは好み。
インク回復アップに関しては、トーピードは連投することができないため、一発投げた後に相手に近づくことになる。その間のインク回復を早めるために採用。
イカ速0.2はスパッタリーを快適に動かすために必要で、あとはジャンプ短縮とスペシャル減少を1個ずつ採用しステジャンを履く。

まとめ

ゴリゴリのインファイトで相手を蝶のように舞い蜂のように刺したい人におすすめ。
トーピードが弱体化を受けてはいるがそれでもまだ強いため、かなりキルに特化したブキに仕上がっている。