【パズドラ】道蓮(究極進化前)の性能/テンプレパーティを評価

パズドラ

シャーマンキングコラボで入手可能な「道蓮(究極進化前)」の性能やパーティの考察を行います。

スポンサーリンク

道蓮は狙うべきか

道蓮ピンポイント狙いで回すのはやめるべきでしょう。
決して弱いキャラではないですが、絶対にゲットしないといけないレベルのキャラでもありません。副産物狙いで回すのはもちろんアリです。

メイン性能


※超覚醒は進化前も後も同じ

リーダスキル

攻撃最大15倍、回復2.5倍、操作時間2秒延長の軽減持ち。回復/延長/軽減持ちで攻撃15倍出れば十分でしょう。なかなか悪くありません。ただHP倍率がない状態での回復2.5倍はもてあましがち。

スキル

闇属性メインでの1ターン発動スキルはマイネ以来でしょうか。
光以外から闇1個生成という地味に役立つスキル。今後闇でスキルトリガーが必要になった際にはまず第一候補でしょう。継承のスキルが使いやすいのも吉。
リダフレで毎ターン2個闇ドロップ確保できるのはなかなか面白い。

覚醒スキル

L字も4個あれば火力は十分。逆にL字以外は特になにもない・・。
超覚醒はパーティの覚醒スキルによりますがテープ耐性か無効貫通になるでしょう。
無効貫通にした場合、L字も入れないと道蓮の火力が出ないのがネック。そうなると必要ドロップ数がかなり多くなるのと追い打ちが同時に打てないのも悩ましいところ。

サブ考察

サブに必要な要素1 – 闇属性

攻撃と回復倍率2.5倍が適用されるのが闇属性のみなのでパーティは闇属性メインになる。

サブに必要な要素2 – L字覚醒かコンボ強化

リーダースキルは闇を5個以上つなげて消すことなので、2wayの覚醒スキルは使い難い。道蓮本人も持つ5個ちょうどで良いL字か、コンボ強化で火力をだしていく。
列消しも本人がL字なのであまり相性はよくない。

テンプレ案

コラボあり編成

妖怪ウォッチ・モンハン・ペルソナと、コラボをふんだんに使った編成。
雨宮以外はL字覚醒複数持ちのため火力の統一がしやすい。
雨宮はコンボ強化での火力に加えて追い打ち&覚醒無効解除要員としても活躍する。
ぬらりひょんはL字複数持ちだが、スキルがやや死に気味になるので何かドロップ変換などのアシストがあると望ましい。

コラボなし編成

コラボでしか入手できないキャラを抜いたパーティ。
プレーナ・コットン・闇メタはコンボ強化で火力を出す。
闇ドロップが常時5つ必要なのでコットンの5ターン変換はリダフレの2個生成で間に合わなかった場合に気兼ねなく使うことができる。

スポンサーリンク

編成難易度低め

通常のゴッドフェスで入手可能なキャラのみの編成。
エスカマリは闇の目覚めで大事な闇ドロップを供給してくれるとともにコンボ強化で攻撃参加もする。
濃姫はコンボ加算をしてくれるのでコンボ強化の覚醒スキルのあとおしをしてくれる。

フレンドミラボレアス編成

リーダースキルの項目でも記載したが、リーダーフレンド両方道蓮で組むと回復の倍率が上がりすぎてしまう。それでは低いHPには意味がないが、フレンドをミラボレアスにすることによってHP2倍を得ることができる。
攻撃倍率を出す条件も闇ドロップL字消しなので5個以上消すというリーダースキルとほぼリンクしている。

その他サブ候補

サブ候補その1 – 拳を極めし者・豪鬼

拳を極めし者・豪鬼

L字ではなくコンボで火力を出すなら豪鬼は外せない。追い打ちも持っておりダメージ吸収も対策できるので非常に優秀。

サブ候補その2 – ネルギガンテ

確定で闇5個生成と闇の目覚めも同時に行うスキルは相性抜群。
追い打ちも持っているので役割はかなり多い。

サブ候補その3 – 幽城の大魔女・ヴェロア

HP倍率がのらない道蓮のHPアップの役割が大きい。あとは普通に闇ドロップ確保・無効貫通・追い打ちの要因になれる。

サブ候補その4 – サーヴァント・バーサーカー

L字に寄せるのであればL字覚醒を超覚醒含めれば5個所持しているバーサーカーがかなり強い。スキルも1ターンダメージ半減があるので、HP補正がかからない道蓮パにはありがたい。

サブ候補その5 – 転生熾天使ルシファー

HP50%以下時しか火力は出せないが短いスキルターンで5個闇ドロップを確保できる。HPが50%減ってしまうものの回復力に倍率がのっているので特に問題はない。

まとめ

正直今のところリダフレ道蓮のパーティはHP倍率がのらないため大ダメージに弱く高難度ダンジョン向きではない。
しかし1ターンで打てるスキルであったりフレンドミラボレアスにすることによって攻守バランスのいいパーティになったり、面白い動きを見せている。
こういうタイプは突然サブで需要が上がることが多いので気長に保持しておくことをお勧めする。