NPB eスポーツシリーズスプラトゥーン2 本大会DAY1結果まとめ

スプラトゥーン

とうとう本日5/18、NPB eスポーツシリーズスプラトゥーン2の本大会のDAY1が行われました。
本当にどの試合も熱く素晴らしい試合ばかりで大興奮でした。
明日がとうとう日本一を決める決勝なのですがその前に仕組みとDAY1の結果をまとめました。
※全部まとめるとどえらい量になるので、個人的に応援・注目していた

  • パリーグ – 福岡ソフトバンクホークス(GGBOYZ)
  • パリーグ – オリックス・バファローズ(Libalent calamari)
  • パリーグ – 千葉ロッテマリーンズ(5年☆組∼あしんとらず学級∼)
  • セリーグ – 東京ヤクルトスワローズ(ウルトラリベンジャーズ)
  • セリーグ – 阪神タイガース(ぽぽじろう学園高等部3年A組)

の5チームだけ多少ピックアップしていきます。

当日の動画はこちらを参照してください。

NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目 | OPENREC.tv (オープンレック)
NPB主催の『スプラトゥーン2』大会『NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2』⚾2日間の日程で行われる本大会1日目の今日は、セ・リーグ6球団とパ・リーグ6球団に分かれて、総当たりでのリーグ戦を実施します‼️各リーグの上位2チームは、大会2日目に実施されるリーグ代表決定戦(トーナメント)でのシード権を獲得🔥12チー...
スポンサーリンク

本大会のルールや詳細

セリーグ6チーム・パリーグ6チームに分かれ各リーグの6チームが総当たりでのリーグ戦を実施。
各リーグの上位2チームがDAY2のシード権を獲得できる。
試合は1セットマッチ、つまり1発勝負。

DAY1スケジュール

DAY1は以下のようなスケジュールで行われました。

DAY1 – リーグ戦結果

最終的な結果は以下のようになりました。

■セリーグ(上からカープ・ヤクルト・ジャイアンツ・ベイスターズ・ドラゴンズ・タイガース)

■パリーグ(上からライオンズ・ホークス・ファイターズ・バファローズ・ロッテ・イーグルス)

各チームの対戦まとめ

※カッコ内は動画の再生時間を示します。

福岡ソフトバンクホークス(GGBOYS)

1試合目 – vs 西武ライオンズ(0:28~)○勝利
2試合目 – vs 東北楽天ゴールデンイーグルス(2:58:00~)○勝利
3試合目 – vs 千葉ロッテマリーンズ(3:39:50~)○勝利
4試合目 – vs 北海道日本ハムファイターズ(5:28:00~)○勝利
5試合目 – vs オリックス・バファローズ(7:51:00)●敗北

とにかく安定感抜群の試合運びで終始圧倒的な実力差を見せつけていく。
特に千葉ロッテとの対戦は相手に絶望とトラウマすら与えかねない力の差を見せ
ナワバリ塗り率80%という驚異の数字で勝利を収めた。
最終戦を迎える前にすでにDAY2シード権獲得は確定したが、最後にライバルオリックス(カラマリ)に僅差で敗北しパリーグ優勝は逃した。

相手が小学生だろうと一切の容赦はない王者達

オリックス・バファローズ(Libalent calamari)

1試合目 – vs 北海道日本ハムファイターズ(0:59~)○勝利
2試合目 – vs 西武ライオンズ(2:32:50~)●敗北
3試合目 – vs 東北楽天ゴールデンイーグルス(4:28:00~)○勝利
4試合目 – vs 千葉ロッテマリーンズ(6:18:00~)○勝利
5試合目 – vs 福岡ソフトバンクホークス○勝利>>★パリーグ優勝
2試合目あたりまでは後衛のぴょん選手の調子がイマイチ上がってこず辛勝と敗北でヒヤリとさせられたが、3試合目以降ぴょん選手も本来の力を取り戻し覚醒、それに伴いチームの連携もうまくいき、伝統の2438ムーブも見せつつ最終試合ではライバルホークス(GGBOYS)に僅差で勝利を奪い取り合計勝利数は同じながらも直接対決を制することでパリーグ優勝を決めた。

筆で逃げる相手を確実に射抜く天才チャージャー使いぴょん選手

千葉ロッテマリーンズ(5年☆組∼あしんとらず学級∼)

1試合目 – vs 東北楽天ゴールデンイーグルス(1:27:00~)●敗北
2試合目 – vs 北海道日本ハムファイターズ(2:07:30~)●敗北
3試合目 – vs 福岡ソフトバンクホークス(3:39:50~)●敗北
4試合目 – vs オリックス・バファローズ(6:18:00~)●敗北
5試合目 – vs 西武ライオンズ(6:56:30~)●敗北

スパッタリーを得意ブキとする前衛のあしん選手がどれだけ相手をかき乱せるかで勝敗が左右される。そんなプレッシャーが重すぎたかうまく勝筋を見つけることができず、後衛のチャージャーraz選手もそこまでキルをとることができなかったため全体的にうまくかみ合わず勝利を手にすることができなかった。

スポンサーリンク

東京ヤクルトスワローズ(ウルトラリベンジャーズ)

1試合目 – vs 阪神タイガース(0:43~)○勝利
2試合目 – vs 横浜DeNAベイスターズ(2:44:50~)○勝利
3試合目 – vs 中日ドラゴンズ(4:40:00~)○勝利
4試合目 – vs 広島東洋カープ(6:30:35~)●敗北
5試合目 – vs 読売ジャイアンツ(7:09:10~)●敗北

スタープレイヤーはんじょう選手率いるスワローズは彼のビックマウスとともにかよたそ選手の固いプレーも相まって連勝でスタートを切るが、対策をしっかりと取られ思い通りの動きをさせてもらえず2連敗となった。だがはんじょう選手のマイクパフォーマンスには多くの観客が魅了されただろう。

阪神タイガース(ぽぽじろう学園高等部3年A組)

1試合目 – vs 東京ヤクルトスワローズ(0:43~)●敗北
2試合目 – vs 読売ジャイアンツ(2:19:45~)●敗北
3試合目 – vs 広島東洋カープ(3:52:10~)●敗北
4試合目 – vs 横浜DeNAベイスターズ(6:06:20~)●敗北
5試合目 – vs 中日ドラゴンズ(7:36:45~)●敗北

オープン戦ではまさかの銅モデラー4枚という奇跡の編成で周囲の度肝を抜くことに成功したが、
今回はその編成はやや封印。銅モデラー3枚という編成での試合もあったが、練度が足りなかったか勝利をもぎ取ることはできなかった。

本大会でも魅せる編成で楽しむ心を忘れない。

DAY2にむけて

DAY1の結果を踏まえてDAY2は以下のようなトーナメントで行われる。

阪神と千葉ロッテはなんとか1勝をもぎ取りたいところ。優勝への道はかなり険しい。
ヤクルトもシード権を獲得できなかったため優勝への試合数が多くなるため、DAY1のように失速すると優勝は厳しい。
パリーグ代表決定戦はおそらくまたホークスとバファローズの対戦になると思うが、気がかりなのはバファローズがホークスとの対戦までにどことも試合がないこと。2試合目以降は2セット先取とはいえ、調子を整える準備なしで直接対決で調子を発揮できるかが鍵となる。もしぴょん選手の調子が上がってこないとさすがにホークス相手には厳しいだろう。

まとめ

とにかくエンターテイメント満載のNPB。見てるだけでめちゃくちゃ面白くて興奮する。
現地に行けた人はもっと白熱するんだろうなと思います。
各チームのユニフォームも物販で購入できたりして盛り上がりがすさまじいことになっていました。
DAY2も見逃せません!!