【パズドラ】極醒フェンリル=ヴィズの性能/テンプレパーティを評価

パズドラ

このページでは極醒フェンリル=ヴィズの性能やパーティの編成を考察していきます。

スポンサーリンク

メイン性能

リーダスキル

攻撃倍率最大は22.5倍と脅威の倍率を出すことができる。
さらに条件を満たせばW軽減を張ることも可能だが、お邪魔ドロップ2コンボ以上というのがなかなかに面倒。

スキル

1ターンのお邪魔目覚めを発生させる。この目覚めは「少し」でも「ほんの少し」でもないため、なかなかの量が降ってくる。ちなみに毒の目覚めはこのお邪魔目覚めで上書きしてかき消すことができる。

覚醒スキル

神キラー2個持ちにコンボ強化と超高性能な覚醒スキル。
超覚醒でさらにコンボ強化を付与することも可能で、覚醒スキルはかなり強い部類。
ちなみに超覚醒はコンボ強化・雲耐性・チームHP強化の3種類だがコンボ強化一択だろう。

サブ考察

サブに必要な要素1 – お邪魔生成ができるスキル

フェンリル=ヴィズ自体のスキルはお邪魔の目覚めであってお邪魔の生成ではない。
降ってくる量は多いので目覚めにかけてもよいが、より確実性を求めるなら盤面にお邪魔を生成できるスキル持ちのキャラを少なくとも1体は含めておきたい。

サブに必要な要素2 – コンボ強化

フェンリル=ヴィズのリーダースキルの性質上6コンボ以上することになるので、サブはコンボ強化持ちを編成することで火力を安定して出すことができる。

サブにほしい要素 – HP増加要素

フェンリル=ヴィズのリーダースキルにはHPの補正がない。
W軽減と言えとHP自体が低いと耐えられるものも耐えられなくなってしまうので
HP自体を上げて耐久力を少しでも上げたいところ。

スポンサーリンク

編成案

編成案1

サブは極醒進化する前のフェンリルヴィズを採用。スキルで火と回復をお邪魔にでき最短3ターンで発動できるためお邪魔ドロップの供給がしやすい。
イルムは無効貫通役としての採用とエンハンス+光陣。イルムのスキルを使用した後に光/水のフェンリルを使えば火ドロップをお邪魔にできる。
神羅万象コラボのカナンはチームHP強化複数持ちで耐久力を上げるのと覚醒無効解除などのギミック対処要員。
MTGコラボのカーンは光/回復/お邪魔の陣が使え、さらにコンボ強化も3個持っているため、純粋に噛みあわせが抜群。

その他サブ候補

サブ候補1 – 光アテン

ほぼ全対応のキラー持ちのため相手を選ばずある程度の火力が出せる。
スキルでお邪魔を含む陣が打てるが、確定でお邪魔が6個生成できるというわけではないので注意。

サブ候補2 – ブラキディオス

モンハンコラボのブラキディオスは悪魔キラー2個持ちで悪魔タイプに対して非常に強力な対策となる。お邪魔ドロップ生成スキルも持つが最短16ターンと重い。

サブ候補3 – ヨルムンガンドユル

ダンジョンドロップからの進化で入手可能なため即採用が可能。
陣も光/回復/お邪魔とMTGのカーンと同じなので代用として十分採用可能。

アシスト採用 – お妙さんの卵焼き

スキルターンが短い例えば光コットンなどを採用してアシストに卵焼きを付けて光/木/お邪魔の陣を使うという選択肢もある。

まとめ

ポテンシャルはかなり高いがお邪魔ドロップを使っての運用というのがとにかく難しい。だいたいのキャラのスキルはお邪魔ドロップをなにかしらのドロップに変換してしまうのでサブの候補がかなり限られてしまうのも難しい点。
ただし敵が発生させるお邪魔ドロップを逆手にとって使うということもできるため、
ダンジョンによってはかなりハマるところも出てくるだろう。
また、1ターンでお邪魔ドロップの目覚めを使える点から、今のところリーダー運用よりサブで目覚めの上書き要因として使うほうが活躍の場面は多いだろう。