【パズドラ】進撃の巨人、エレン・イェーガーはどれに進化させるべきか

パズドラ

進撃の巨人コラボで入手可能なエレン・イェーガーは進化形態により性能が異なります。それぞれの性能と使い方を考察していきます。
呼び方としては「進化前」「巨人進化」「究極進化」そして「アシスト進化」です。

スポンサーリンク

共通事項

超覚醒はどの進化形態も共通

一応どの進化形態にどの超覚醒の覚醒スキルを付けても活かせないことはない。

進化前:人類の希望・エレン・イェーガー

覚醒スキルが尖っておりやや使い難いリーダースキル

HP50%以上のダメージ軽減は軽減率が高く、条件もHPが50%以上であれば常時勝手に発動するので非常に便利ではある。
しかし火ドロップを6個つなげる点に関しては火ドロップ6個確保が大変な上に、昨今の攻撃倍率と比べると最大12倍と物足りない感じが否めない。その上自身のスキルで火ドロップも生成できないとなるとなかなか常時最大倍率を出し続けるのは至難の業となる。

サブとしては火列持ちの無効貫通要員

一応超覚醒で無効貫通も付与可能なので、火の列消しと無効貫通の両方を備えたキャラということで使用することは可能。あとはシンプルに火列パの覚醒無効解除要員などでの使用が有力。

巨人進化:反攻の巨人・エレン・イェーガー

周回に持ってこいな、シンプルで強力なリーダースキル

HPが80%以上であるだけで簡単に攻撃倍率16倍を出すことが可能。80%を下回ったとしても10倍は出る。タイプ・属性・消し方の指定がないのがとにかくヤバイ。
先制を受けてHPが80%を下回ったとしても10倍はでるし、コンボしながら回復すればいつのまにか16倍に戻ってるし、高速なダンジョン攻略が可能となる。周回やランダンに非常に向いているリーダースキル。

サブとしては火列パの列増し要員

自身が列強化4個持ちなので列パの列増し要員になることができる。バインド列回復も持っているので何気にサポート役も少しこなせる。

究極進化:人類を救う鍵・エレン・イェーガー

高い攻撃倍率と軽減持ちの定番のリーダースキル

タイプ指定はあるものの最大攻撃倍率18倍とかなり倍率に長けている。
自身が列強化2個持ちなので基本的に横一列6個消しすることになるだろう。
そのためサブに列強化複数持ちを多く含めてもよいし、自身がコンボ強化2個持っているため、火列にこだわらず5個消しにしコンボ強化で染めても火力を出すことができる。問題は火ドロップの確保そして体力orマシンの火属性キャラの確保。

サブとしてはコンボ強化2個持ちが強くマルチに活躍できる

コンボ強化2個持ちはやはり強くさらにスキル使用でバインド・覚醒無効も解除できるのでだいたいの火パでサポートとアタッカーの両方の役割をこなせる非常に優秀な性能となっている。

【パズドラ】エレン(究極進化)の性能/テンプレパーティを評価
進撃の巨人コラボにて入手可能なエレン・イェーガー(究極進化)の性能やパーティの編成を考察します。 エレンは入手するべきか 究極進化後のエレンは編成に火属性の体力かマシンタイプのキャラが必要になる。ただ、手持ちに体力orマシンタイプのキャ...

アシスト進化:エレンの生家地下室の鍵

攻撃に特化した強力な覚醒スキルを付与できる

火の列強化に加えてHP80%以上強化も付与できるのでかなりの火力アップが見込める。このアシスト武器が誰に合うかというとエレン自身であるため、エレンにエレン武器を装備というのが非常に強力。

まとめ

進化前エレンは軽減の条件がHP50%以上であれば良いだけであり、回復力にも倍率がかかることから死ににくいリーダーではある。ただし高難度ダンジョンに対応できるほどの火力はないため、パズドラ序盤で活躍できるリーダーであると言える。
巨人進化エレンはお手軽倍率のリーダースキルをあますことなく発揮し周回リーダーとしてやランダンで活躍することが見込める。
究極進化エレンは本体の性能の高さとリーダースキルの強さから高難度ダンジョンにも対応できるポテンシャルの高いリーダーと言える。
どれがおすすめかと言われれば究極進化エレンがおすすめではあるが、しかしながら巨人進化エレンの周回性能も捨てがたい。ゼウスヴァースやゼウスGIGAなどを持っていないのであれば高速周回用リーダー運用として使うのは全然アリだろう。アシスト進化は無理にさせる必要はない。被りが発生した時で大丈夫な程度。

まとめると体力orマシンの火属性キャラが多く究極進化後の強編成が組めるなら進化後それらがいないor周回用の強いリーダーが欲しいなら巨人化

といった感じになるだろう。