【パズドラ】エレン(究極進化)の性能/テンプレパーティを評価

パズドラ

進撃の巨人コラボにて入手可能なエレン・イェーガー(究極進化)の性能やパーティの編成を考察します。

スポンサーリンク

エレンは入手するべきか

究極進化後のエレンは編成に火属性の体力かマシンタイプのキャラが必要になる。ただ、手持ちに体力orマシンタイプのキャラがあまりいない場合でもエレンは究極進化前と究極進化後で性能が大きく異なり究極進化前は周回にかなり特化した性能でありさらに属性やタイプに縛られずかつゼウスヴァースをも超える性能のため、究極進化後のエレンのパーティが組めなかったとしても究極進化前で使っていくのも全然ありなので、周回に強いリーダーを持っていない人は狙ってもいいだろう。

メイン性能

リーダスキル

体力かマシンタイプである必要はあるが攻撃の倍率は最大18倍とトップクラスに高い。さらに軽減も張れて操作時間3秒も延長されるのでトータルで見ると性能はめちゃくちゃ高いと言える。

スキル

HPの回復、さらにバインドと覚醒無効解除4ターン回復が最短7ターンで打てるのはかなり優秀。このスキルだけでリーダーとしてだけでなく他の火パに入れることも余裕で可能。

覚醒スキル

火属性強化(列)と封印耐性、コンボ強化をそれぞれ2個ずつ付与されている。
自身のリーダースキルで火ドロップを5個以上つなげて消す必要があるので、常にというわけではないが火属性強化も役に立つ場面は多いだろう。

サブ考察

サブに必要な要素1 – 体力タイプかマシンタイプ

6倍の攻撃倍率が付与されるのは体力かマシンタイプのみになる。
回復役として攻撃に参加させないなどがない限り、体力タイプかマシンタイプのキャラが必要。

サブに必要な要素2 – 火ドロップ生成役

軽減を張る為には火ドロップが5個以上必要となるがエレン自身のスキルでは火ドロップの生成ができない。盤面に常に火ドロップが5個ある状態というのはそう多くはないはずなので欠損した時の為にも火ドロップが生成できるスキル持ちキャラは必須級。

編成案

編成案1

コンボ強化に寄せた編成。
火ネイは体力タイプで火/闇/回復の陣スキルを持つ。コンボ強化も2個持っており無超覚醒で無効貫通も付与できるため役割は多い。
KOFコラボの草薙京も体力タイプで追い打ちの役割と火/回復の陣スキル、さらにコンボ強化も超覚醒を含めれば3個持ちにできる。スキル使用時の火の目覚めの相性も抜群。
分岐赤ソニアも体力タイプ。覚醒スキルがエレンと似ており、火属性強化を2個とコンボ強化を2個持つ。
バルディンはマシンタイプで主に無効貫通の要因として役に立つ。スキルでのエンハンスはマシンタイプにしかかからないので注意。

編成案2

コンボ強化ではなく火属性強化(列)に寄せた編成。
クローズコラボの林田恵(リンダマン)は体力タイプで火属性強化を4つ持つことと、最短8ターンで発動できる火ドロップ4個ランダム生成の相性が良いため採用。
転生ベリアルも体力タイプ。最短7ターンで発動可能なスキルで火ドロップを確保する。火属性強化の覚醒スキルも2個持つ。
KOFコラボのドットテリー(体力タイプ)はHP倍率のかからないエレンのリーダースキルにかなり相性の良いチームHP強化を2個持つため採用。スキルで火ドロップ5個生成も良い。

その他サブ候補

サブ候補1 – 武田信玄

HPに倍率のかからないエレンのリーダースキルに対してチームのHPを底上げできる覚醒スキルのチームHP強化を3個持つ武田信玄は相性抜群。

サブ候補2 – エルゲヌビ

火ドロップ4ターン目覚めでのドロップ供給と、火ドロップ強化の覚醒スキル7個での火力の底上げが可能。

サブ候補3 – トゥバン

ステータス的に物足りないところはあるかもしれないが横一列火ドロップ生成が最短8ターンで発動でき、さらにヘイスト付きなので採用はアリ。

サブ候補4 – 花木九里虎

無効貫通要因と火属性強化の覚醒スキル3個持ちで採用可能。
スキルでのHP回復はエレンとかぶるものの、体力タイプで染めるパーティは回復が低くなりがちなので役立つだろう。もちろん横一列火ドロップ生成も優秀。

サブ候補5 – 転生真田幸村

火属性強化2個、無効貫通、追い打ち持ちと役割は多い。
スキルで火ドロップも生成可能なので採用の余地あり。入手しやすさも○。

まとめ

タイプしばりがあるものの攻撃最大18倍のリーダースキルはさすがに強力。
コンボ強化を選ぶか火属性強化を選ぶかは手持ちのキャラとの相談が必要。
HP補正がかからないもののチームは体力タイプが多く含まれることになるのでそこまでの心配はいらない。どちらかというと回復の方が心配になるが最悪エレンのスキルで回復はまかなえる。
力で押していくようなストロングスタイルでの攻略が可能だ。