【パズドラ】水着ヴェロアの性能/テンプレパーティを評価

パズドラ

水着ガチャで入手可能な「水着ヴェロア」の性能やチーム編成を考察していきます。

スポンサーリンク

メイン性能

超覚醒

リーダスキル

HP2倍と攻撃最大18倍に加えて操作時間2秒延長はかなり強い。
しかし軽減も回復倍率なく、攻撃最大倍率を出すには水ドロップ9個必要とかなりクセが強い。その分3コンボ加算はかなりデカイ。

スキル

スキルは本家ヴェロアの色違いで、最短5ターンで発動できる水ドロップ変換。
回復倍力激減がかかるものの5ターンで2色を水ドロップにできるのはかなり強い。
水ドロップを常に9個要求されるヴェロアにはうってつけのスキル

覚醒スキル

無効貫通2個持ちはありがたいが、コンボドロップとダンジョンボーナスが正直微妙。
コンボドロップ生成にはドロップ12個ちょうど消しが必要になるが、9個ちょうどで火力がでる正方形の無効貫通があるのに12個消しをする場面が出てくるかどうかが疑問。コンボ吸収の敵を相手する時くらいか。
ダンジョンボーナスもリーダースキルに性能がある本家ヴェロアとは違い、覚醒スキルに1個だけに付与されても実感はしにくいだろう。

サブ考察

サブに必要な要素1 – 水ドロップ生成

水ドロップの必要数が9個とかなり多い。リーダーフレンド水着ヴェロアでも3ターンに一度しかスキルの発動ができないため、他にもスキルターンの短い水ドロップ生成スキルを入れるか水ドロップ目覚めを用意したい。

サブに必要な要素2 – 回復力

HP2倍に対して回復倍率はかからない。さらに水着ヴェロア自体の回復力はすこぶる低いためサブでどうにかするしかない。回復ドロップ強化複数持ちを含めるかスキルで回復を補う必要がある。

サブに必要な要素3 – できれば無効貫通以外の火力要素

水ドロップ9個消しイコール正方形とは限らない。水着ヴェロアのリーダースキルで3コンボ加算され7コンボ以上を組むのはわりと難しくないため、コンボ強化複数持ちのキャラを含めて火力を出せるようにしておけるといざというときに助かる。

編成案

編成案1

火力要員にコンボ強化を含めた編成。
水コットンはヴェロアと同じく最短5ターンで発動できる変換スキルを持つため採用。コンボ強化も超覚醒を含めれば3個持ちにすることができるし、無効貫通にすることもできる。
メルは水パの安定回復要員。回復ドロップ強化で復帰力を高める。
水着エスカマリは水ドロップ目覚め要員として採用。覚醒スキルの水ドロップ強化で全体の攻撃力アップも図る。
Fateコラボのサーヴァント・セイバーは超覚醒次第で無効貫通よりにするかコンボ強化寄りにするか選択できる。加えてスキルでのHP全回復が役に立つ。

編成案2

こちらは攻撃をコンボ強化ではなく無効貫通に寄せた編成。
サーヴァント・セイバーは超覚醒を無効貫通にしておく。
おなじく水着ガチャで入手可能な水着イズイズも無効貫通2個持ちで火力が出せる。各種耐性1個持ちもありがたい。
ハイレンは超覚醒含めれば無効貫通4個持ちにすることができる。スキルでの覚醒無効全回復も魅力的。
水水シトリー覚醒スキルにチーム回復力アップを3個持つため復帰力の底上げを行う。スキルも2色からの水変換なのでドロップ確保もしやすい。

その他サブ候補

ちなみに水着ヴェロアをもう一体引くことができたなら当然サブに含めてしまって構わない。

サブ候補1 – 青ソニア

水パ万能サブの青ソニア。超覚醒を無効貫通にすればコンボ強化3個持ち+無効貫通でかなりの火力が見込める。

サブ候補2 – 青オーディン

無効貫通枠として採用は可能。こちらも2色からの水変換なのでドロップ確保がしやすい。

サブ候補3 – ふぶき姫

ふぶき姫

妖怪ウォッチコラボのふぶき姫は超覚醒を含めれば無効貫通3個持ちにすることが可能。スキルも火/闇/お邪魔/毒と変換できるドロップが多く水ドロップ確保には困らない。

サブ候補4 – 水着風神

超覚醒込みでコンボ強化3個持ちにすることができる。シンプルに強い。ダメージ吸収無効対策ならもってこい。覚醒スキルにもうしわけ程度のチーム回復力UPもついている。

サブ候補5 – 春麗(進化後)

春麗の進化後は無効貫通を持っている。スキルも水目覚めなので水ドロップの確保をしやすくなる上に攻撃参加も可能。

サブ候補6 – 水着ヨグ

スキルでのHP回復と水/回復の2色陣が非常に強力。覚醒スキルも悪くない。

サブ候補7 – アマツマガツチ

モンハンコラボのアマツマガツチ。短い変換スキルと高いステータス、優秀な覚醒スキルで文句なし採用可能。

まとめ

性能は決して悪くはないが、軽減なし回復倍率なしと最強までは届かない印象。
フレンドをココや水着イズイズ等に変えてみるとまた印象が変わるのでいろいろ試してみるのも手。