【パズドラ】水着風神の性能/テンプレパーティを評価

パズドラ

水着ガチャで入手可能な「水着風神」の性能やチーム編成の考察を行います。

スポンサーリンク

メイン性能

リーダスキル

攻撃タイプ縛りはあるものの進化とアップデートでかなりの高性能になった。
HP倍率+軽減+操作時間延長+攻撃倍率最大14倍と必要なものをすべてそろえたような性能。リーダーフレンドあわせて操作時間6秒延長されるので6コンボが必要なパズルの心配がほぼなくなる。軽減の条件もコンボをするだけなので満たしやすく安定性が高い。

スキル

シンプルなダメージ吸収無効+スキル1ターンヘイスト。ヘイストがついているおかげでダメージ吸収を必要としない場面でもいわゆる「空打ち」ができるためスキルが腐りにくい。

覚醒スキル

超覚醒込みでコンボ強化3個にすることができるためかなりの火力を出すことができるが、そのかわりバインド耐性は同時に持てないので注意。
基本的には超覚醒はコンボ強化が安定だろう。

サブ考察

サブに必要な要素1 – 攻撃タイプ

HPと攻撃倍率が乗るのは攻撃タイプのみなので基本的には攻撃タイプで統一する。

サブに必要な要素2 – コンボ強化での火力調整

水着風神パはコンボすることで成り立つため、サブの火力もコンボ強化埋めていくことで火力が統一できる。

あとは自由度は高い

攻撃タイプのみ満たしておけば消すドロップの指定もなく、属性も問わず水着風神のスキルでドロップの変換などを行うこともないのでメインの属性にこだわらず編成を組んで良い。

編成案

編成案1

主にメイン属性水で固めた編成。
水ネイはコンボ強化と2wayでの超火力に期待できる。超覚醒で無効貫通を付与すれば無効貫通担当にもなれる。スキルでのバインド解除も噛みあいがよい。
神羅万象コラボのアスタロットはコンボ強化2個持ちでの攻撃参加もできる点と、
スキル発動し左縦一列以外に水ドロップが1個でもあれば水の無効貫通が生成できるスキルなのでなかなか便利なスキルを持つ。
オデドラは安定のバインド+覚醒無効解除要員。覚醒スキルにバインド解除も持つので水着風神にバインドが付与されていなくても回復横一列でバインド解除が可能。
水着誾千代は超覚醒でコンボ強化付与すればコンボ強化3個持ちにできる。

編成案2

コンボ強化複数持ちで火/闇の強いキャラで固めた編成。
ジバニャンは超覚醒でコンボ強化3個持ちにできるし、無効貫通にすることもできる。神/悪魔キラーも持っているのでどっちを選択してもかなりのスペックは高い。
スキルで水はないが火と闇を含む4色陣が可能。
少年チャンピオンコラボの範馬勇次郎はコンボ強化2個と無効貫通2個を持つためかなり強い無効貫通要員となる。スキルで火と闇のみになり2コンボ加算されるので無効貫通したいのみに使うと良いだろう。
銀魂コラボの高杉晋助は5色陣、追い打ち枠として採用。
同じく少年チャンピオンコラボのブラックジャックはHP・バインド・覚醒無効解除すべてを全回復できる。進化前ならコンボ強化、進化後なら無効貫通に特化させることが可能。

その他サブ候補

サブ候補1 – シェリング・フォード

どうしても6コンボと無効貫通が組みにくいといった場合はスキルに無効貫通を持つシェリング・フォードも攻撃タイプなので採用できる。
スキルでの無効貫通であれば全員の攻撃が通るので撃破もたやすくなる。
スキルチャージがないと若干たまりにくいので5色採用する編成が理想。

サブ候補2 – セフィロス

超覚醒込でコンボ強化2個持ち、普通の覚醒スキルにマシン/神/攻撃キラーを持つため敵によって火力が結構でる。スキルでの覚醒無効解除も便利。

サブ候補3 – ゼラ

ご存じスキルでは水ドロップ生成できないが、とにかく木/回復の2色陣が強く、コンボ強化3個超覚醒での無効貫通が強烈。複数枚投入もあり。

サブ候補4 – 春日野さくら

進化後のさくらは回復ドロップ強化2個でチームの回復力をあげつつコンボ強化も超覚醒込みで3個持ちにできる。目覚めはドロップが限定されるので注意。

サブ候補5 – 仙水忍

究極仙水

超コンボ強化は発動できるか怪しいところだが、スキルでの激減と水含む4色陣はなかなか強い。進化前もなかなかおすすめ。

サブ候補6 – ライトニング

コンボ強化2個持ちと神キラーを持つ。スキルは6色陣なのでパーティ全員攻撃参加できるのが良い。超覚醒で神キラー2個目付与できれば神タイプ相手にはめっぽう強くなる。

まとめ

攻撃タイプでコンボ強化さえ持っていればかなり編成の幅も広い水着風神。
HP補正、軽減、操作時間延長と欲しいもの全部詰め込んだ性能となり、初心者から上級者まで広く使われるキャラとなった。攻撃倍率も低すぎるわけではないので高難易度のダンジョンにも対応できる性能と言えるだろう。