【スプラトゥーン2】ルール別スパッタリーの使い分け方

スプラトゥーン

スプラトゥーン2のスパッタリーのルールごとの使い分けについて記載していきます。
個人の意見なので参考程度で見ていただければと思います。

スポンサーリンク

サブ・スペシャルおさらい

スパッタリー(赤)

  • サブ:ジャンプビーコン
    強味:味方の前線復帰が早まる、マップで索敵できる場合がある
  • スペシャル:キューバンボムピッチャー
    強味:一気に塗り広げを行うことができる、相手の位置を動かせる

スパッタリー・ヒュー(青)

  • サブ:ポイズンミスト
    強味:相手の足止めができる、ある程度索敵できる
  • スペシャル:アメフラシ
    強味:相手の位置を動かせる、そこまでタイミングにこだわらず使用できる

スパッタリークリア(白)

  • サブ:トーピード
    強味:索敵に長けている、スパッタリーの中では唯一ダメージが与えられる
  • スペシャル:スーパーチャクチ
    強味:部分的ではあるが瞬時にある程度塗れる、

ナワバリバトル

>白】

ナワバリバトルにおいて重要なことはやはり「塗り」であることは間違いない。
スペシャルで一番塗れるのは赤のキューバンボムピッチャーだろう。
ナワバリは試合開始直後に自陣を塗りつぶしてから進むことも多いので、
デスした後の復帰の際に塗れるところが余っていなければただまっすぐ戻ってくるだけになるので、戻る時間を短縮できるビーコンはチーム全体に効果があるため利点は多い。ボムピッチャーは塗りはもちろんのことボムを投げる際に長押しで投げれば遠くまでなげられるので、手前に投げてから奥に奥に投げていくことで相手のラインを下げることも可能で制圧力が高い。

相手の位置を動かせる青スパのポイズンに関しては、オブジェクトがなく動き回って塗っていくナワバリバトルには若干不向き。ただしアメフラシは必要SPも170と割と低く、そこそこ高回転で発動できるはずなのでジワジワと塗り広げていくことができる。

白スパのスーパーチャクチはガチエリアの一時的なエリア確保などでは有効ではあるが、ナワバリの塗りに使うと考えると赤のボムピに完全に劣る。さらにチャクチ狩りで不発に終わってしまうことが多いことも考えるとスペシャルは上のレベルにいけばいくほど頼りにならなくなる。トーピードは索敵に加えて味方の交戦時になげればサポートになるため割と使い道は多い。

うまくいけば常に高い位置で前線をキープできる

ガチエリア

青>

ガチエリアもナワバリバトル同様に塗りが重要になってくるルールであるため、赤スパのキューバンボムピッチャーの優位性がかなり高い。
全力で意識すればビーコンの索敵機能で裏取り警戒できるのも強い。
ある程度射程がありメインが強い仲間がいればビーコンの復帰でスペシャルなしでの打開もできるはずだ。

残りの青スパと白スパは個人的にほとんど差はないと思うが、打開時にスペシャルを合わすと考えた場合不発になりやすい白スパのチャクチは若干使いにくい。

盤面も取れるし、敵も引かせられる

ガチホコ

>白=

ガチホコの場合、青スパのポイズンでホコ持ちの足止めをできるのがかなり大きい。
ジャンプして登らないといけない段差や足場と足場を飛び移る場合などはポイズンを投げておくだけで登ったり渡ったりできなくなることが多いのでホコの侵入を大きく妨げることが可能。また平らな場所だっとしてもポイズンで足止めして雨を降らせればだいたい相手は引くのでガチホコには向いているといえる。

チャクチでの瞬時のホコ割やホコ持ちと対面した際のチャクチの狩られにくさから次点で白スパがあげられる。ギアのスペシャル減少を多く積めばチャクチが発動しきれずにデスした場合、復帰直後にすぐスペシャルが発動できるようになっているのでホコ周辺の味方にスーパージャンプ>チャクチの流れも強い。味方の復帰待ちの際などもホコ持ちにトーピードを投げまくるだけでもいちいちトーピードを破壊するためにホコショットを打たないといけなくなるのでめんどくさいちょっかいをかけることができる。

赤スパも例えばショッツル鉱山やホッケふ頭、スメーシーワールドなど縦に長いステージではビーコンがかなり活躍することがある。しかしホコ持ちを止める際にサブが使えずスペシャルが溜まっていない時にメインだけで止めることになるのでスパッタリーのメインの練度がかなり必要になり自分の調子や味方の生存状況によってはかなり厳しくなることがある。

ポイズンミストを投げて足止めしスライドで詰めてメインでキル

スポンサーリンク

ガチヤグラ

>白】

青スパのポイズンミストはヤグラを止めることにおいては若干微妙ではあるが、アメフラシが強い。ヤグラの進行方向に沿ってアメフラシを投げればヤグラのしかも全体にダメージがかかるようになるのでヤグラから降りざるを得なくなる。

次点で赤スパであるが、白スパとそこまで差はなく個人の好みに分かれると思われる。
赤スパはやはりビーコンが強く、ホコショットでキルされない分ビーコンがやや壊されにくいので多少復帰はしやすくなる。ボムピもヤグラに向けて投げ続ければほぼ降りざるを得なくなる。
ガチホコと違いオブジェクトであるヤグラが勢いよく自陣に戻ることはないのでうまくヤグラを乗り継いでいけばビーコンで高い位置での前線維持ができる。

白スパはトーピードがヤグラに対して強く、スプラッシュボムやキューバンボムと違い位置を察知して自動で着弾点を合わせてくれるので割とだいたいで投げてもしっかりヤグラに向かって飛んでくれる。ダメージもそこそことれるので撃ち落とすしかなくなり、その都度トーピードの方を振り向かなくてはいけなくなるので混戦時には大いに有効。ただしチャクチが若干噛み合わせが悪く、ヤグラ上で発動した場合ヤグラから降りてしまうことあるし、下手したら水没することもあるので注意。

オブジェクトに長く影響のあるアメフラシはなかなか強い

ガチアサリ

【白=

ガチアサリは相手のゴール前にスーパージャンプする機会がかなり多い。その際にチャクチが溜まっていればキルを取れなかったとしても生存率が多少は上がるため割と白スパは有効に感じられる。もしチャクチでキルが取れた場合はそのまま攻めの継続も可能。攻守の入れ替わりが激しいため、遠目からでも割とサポートの効くトーピードはそれなりに有効。
ただしスーパージャンプ時以外のチャクチがそこまで頼れるものではないため、積極的にアサリを集めて飛ぶ意識を常に持つことが必要となる。

赤スパはとにかくビーコンでの復帰が強い。前線でうまくビーコンを立てられれば味方がアサリを集めてビーコンに復帰して安全に攻めを継続することも可能。さらに攻守が激しく入れ替わるガチアサリのルールではリスポーン地点ではなくビーコンに復帰できるという点で防御に素早く回ることができるのも強み。ただしそれらに気づかれるとすぐ破壊されるのが難点。キューバンボムピッチャーも広範囲に瞬時に塗り広げ+ダメージを取ることができるのでゴールを無理やり押し込む際に強力。

青スパのアメフラシは押し込む際には有効なスペシャルだが即効性にかけるため、その間に生存されてしまったり、防衛時も倒しきれず逃げられてしまう場面がいくつかある。ポイズンミストもゴール付近の高台からの攻撃を防ぐために投げるのはかなり有効だが防衛時にはやや使いづらい印象。

チャクチはできれば狩られずに確実に発動したい

まとめ

  • ナワバリ :>白】
  • ガチエリア:青>
  • ガチホコ :>白=
  • ガチヤグラ:>白】
  • ガチアサリ:【白=

ウデマエX底辺の感想ではあるがルール別のスパッタリーの色別使いやすさをまとめてみた。
ホコとヤグラはステージによってはビーコンがかなり強いステージもあるので赤を優先することもあるがおおむねこの順番。もしブキ選択に迷っているなら少しでも参考になると幸いだ。