【スプラトゥーン2】クーゲルシュライバー・ヒューの立ち回りとギア考察

スプラトゥーン

このページではスプラトゥーン2のブキ「クーゲルシュライバー・ヒュー」の立ち回りとギアについて考察していきます。

スポンサーリンク

性能

メインの性能:短射程モードと長射程モード

スピナーの中でも最大の特徴として短射程モードと長射程モードの2種類を持つ。
フルチャージ後最初の1秒くらいは短射程モードとなりその後は長射程モードとなる。なお、リチャージが可能であり短・長射程どちらのモードでもZRの射撃ボタンで一瞬ためて打ち直すことで同じ射程モードで打ち続けることができる。
短射程モードはボールドマーカー並みのキルタイムを誇るほどの連射力を持ちシャープマーカーと同じくらいの射程となる。弾のばらつきが多いため塗りも高い。長射程モードはハイドラの次に射程が長くZAPと同じくらいの連射力。
短射程モードと長射程モードの切り替えの感覚をしっかり身に着けたい。
あとはギアによるヒト速の効果が非常に出るのも特徴的。

サブウェポン:ジャンプビーコン


味方の前線復帰を早める役割とマップでの索敵が主な役割。
特に面積が広いマップでは効果は絶大で実感しやすい。味方の編成を確認し前よりに設置するのか後ろよりに設置するのかも考えたいとこと。
裏取りがしやすいステージでは侵入ルート付近に設置することで相手の裏取りを把握しやすくなる。
ただし味方に左右される場面もあり、例えば打開時などに味方がビーコンに飛びまくるとスペシャルを合わして一緒に攻めるといったことがしにくくなるのが唯一の欠点。

スペシャルウェポン:アメフラシ


アメフラシ持ちブキの中でもトップクラスに必要スペシャルポイントが多い。
もともと相手の場所をどかすことに長けたスペシャルだがクーゲルの射程の長さと相まって盤面の制圧力がより高まっている。
必要ポイントは高いが短射程モードの塗り力が結構高いため体感ではそこまで溜まりにくいとは感じない。できれば有効な場面で打ちたいがインク回復目的で使っても構わない。

立ち回り

長射程モードの射程の長さと精度が注目されがちだが、このブキの強みは短射程モードの殺傷能力の高さにある。短射程モードは

  • 短射程モードの歩き打ちのヒト速がかなり速い
  • 長射程より短射程モードのほうがインク効率が良い
  • スパッタリー並みの連射速度

と高性能な点が多くなっている。できるだけ短射程モードで進んでいき射程に入ったらキルタイムの早さを活かして仕留める、対面拒否して引く相手には長射程モードで逃さず倒しきるといった動きが理想的。
ブキの射程が長い分後ろでどっしり構えてしまいがちだが、人速の速さと短射程モードの強みを生かして中衛くらいの位置に居て押し込み時などはどんどん前に行ってブキパワーの暴力で制圧していく。
もちろん編成的に前衛ブキが多いなら一番後ろにいてもいいが前に出る気持ちだけは忘れずに持っておきたい。

場所としてスピナー全般が強い金網上はクーゲルも同様にかなり強いのでモズク農園やホテルニューオートロなど金網が多いステージでは活用していくと良い。

ビーコンは確かに強いが他ブキと違いサブウェポンにギアを割くことができないため、無理して植えることだけはないようにしたい。ただ積極的には植えていきたい。

押し込むときはドンドン前に出る

ギア考察

ヒト移動速度アップ

完全必須ギア。メイン2個分つけるのがほぼ必須というくらい主流。
できればサブにも詰めれるだけ詰めたい。メイン2個サブ6個くらいが理想。

対物

アーマー剥がし、シールド、ホコ、バブル、スプリンクラーと用途がかなり多いため有効に働く場面が多い。対物をつければスペシャルのアメフラシにも効果がのるので積極的につけていきたいギア。

安全靴

対面中は基本的に歩き打ちがメインになるため、相手のインクを踏みやすい。
疑似確を防ぎつつ速度も落とさないようサブ2個分くらいは欲しいところ。

イカ速

割と上位勢が好んでつけている。サブ2個分くらいつけるとかなり機動力があがる。
移動が多いアサリや金網が少ないステージでは十分採用の余地はある。

ギアサンプル


ヒト速はこれくらいあってちょうど良いくらい。
安全靴は3個あっても良いが爆風軽減が1個あると助かる場面も多いので1個付与。
対物は環境やルールにもよるが対物のメインを安全靴に変えるのもアリ。

まとめ

XP3000をたたき出した最初のブキとしても有名なクーゲルシュライバーはブキパワーがかなり高い。
短射程モードと長射程モードの切り替えが慣れるまでかなり大変だが慣れてしまえば恐ろしいほどのキル性能と射程を使い分けることができるので練習を重ねて使いこなしたい。