【パズドラ】オーフェンのおすすめの進化形態はどれか

パズドラ

富士見ファンタジアコラボガチャで入手可能な「オーフェン」は進化・武器アシスト含めて全部で4形態ありそれぞれ性能が異なります。このページではどの進化形態が良いか考察していきます。

スポンサーリンク

メイン性能

超覚醒

※全形態共通

オーフェン(通常)

リーダースキルの攻撃倍率は4.5×4の最大18倍と悪くない。条件も4コンボ以上とドロップ6個消しで最大倍率が出せるという点ではかなりお手軽。
ただその分ステータスの補正もなく半減ではなく軽減。

スキルは共通でHP50%以下強化持ちにとってはかなりありがたいスキルのため使い勝手は良い。最短3ターンなのもかなり強い。

覚醒スキルが結構優秀で操作時間延長プラス2個持ちとHP50%以下強化3個持ちはかなりの強さ。自身のスキルを発動すれば即座に火力を出すことが可能。

鋼の後継・オーフェン(闇闇オーフェン)


リーダースキルはグッと強化されパラメーター補正もあり、半減も付与される。
攻撃倍率も1.5×3×4で18倍と高くなっている。その代わりに6コンボ以上、半減はH50%以下時のみとなる。

覚醒スキルも大きく変わり操作時間がなくなりスキルブーストになり、HP50%以下強化が減りコンボ強化と無効貫通に変化している。このおかげで他のパーティでサブとして採用した際にHP50%以下のパーティだけでなくコンボを重ねることで火力も出るため汎用性が高くなったといえる。

黒魔術士・オーフェン(闇光オーフェン)


すべての性能が一気に変化する。リーダースキルは7×6マスで軽減付きの攻撃4.5×2倍の最大9倍。軽減の条件はかなり簡単ではあるが倍率はやや低い。
大きな点は回復の倍率も攻撃倍率と同じで4.5倍まで上がる点。
高難易度ダンジョンだと大ダメージを連発してきたり毒の目覚めだったりが頻繁にあるので毒の落ちコンで死んでしまうといったことなどがなくなるのが大きい。

スキルは3ターンの軽減と光闇回復の3色陣。発動が割と軽めなので気軽に使えるのは良い。

覚醒スキルはコンボ強化と10コンボ強化になりチームHP強化4つと、リーダースキルのパラメーター補正を覚醒スキルで補う形になっている。バインド耐性がなくなっているのはやや厳しい。

アシスト進化


スキルはかなり優秀といえる。スキルは結構優秀で99ターンの目覚めが打てるのはなかなか。バインド耐性と操作時間延長プラスも無駄になることはない。
ただリーダーとしても結構強いのでアシスト武器最優先とまではいかない。

リーダー運用なら闇闇オーフェン


リーダー運用をするなら闇闇オーフェンこと「鋼の後継・オーフェン」がオススメ。
HP50%以下時半減は若干使いにくいものの全パラメーターの補正が入るのと攻撃倍率もかなり高いため耐久しやすくなっている。

7×6リーダーの運用も悪くないが同じ闇メインなら多色ではあるが幽遊白書コラボの仙水と比較すると倍率でやや劣る。しかし上で記載したとおり回復にも倍率がかかるので高難易度ダンジョン用に使う分にはかなり強い。7×6のパズルが面倒でなければ使っていってもよいだろう。
究極仙水

サブ運用は通常か闇闇オーフェン


サブ運用で考えるとスキルと覚醒スキルが重要になってくるが、闇光オーフェンのチームHP4個は魅力的だが10コンボ強化はやや使いづらい。さらにバインド耐性もないのでやや不便。となると通常オーフェンか闇闇オーフェンが候補に挙がる。

正直どちらも強いがより多くのパーティで使っていけるという意味でいえば闇闇オーフェンの方だろう。通常のほうはHP50%以下でしか火力が出せないので若干パーティを選ぶ節がある。

アシスト武器は後回しで良い


バインド耐性と操作時間延長プラスでサポートにかなり向いているがオーフェンが複数引けたなら良いが優先的に武器化させる必要はないだろう。

まとめ

オーフェンが引けたならサブ・リーダー両方で活用していける闇闇オーフェンがオススメ。次に通常オーフェンか76リーダーとしての闇光オーフェン。余裕があればアシスト進化させるというのがオーフェンのベターな使い方といえるだろう。