【Apple watch】気を付けたい突然音が出ちゃう操作

デジモノ

AppleWatchを購入ししばらくいじっていたところ、意図せず音が出てくる場面があったので注意書きとして書いていきますね・・・

スポンサーリンク

防水ロック

AppleWatchには画面の水濡れによる誤操作を防ぐための「防水ロック」の機能がついています。
コントロールセンターから水滴のアイコンを押すことで防水ロックの機能をONにすることができます。

防水ロックがオンになると待ち受け画面の上部に水滴マークが表示されます。


これで防水ロックがかかるためタッチパネルを触っても何も反応しなくなります。
これはこれで良い機能なのですが、解除する際にデジタルクラウンを回していくと最後に音がなります。

音を出すことでAppleWatchのスピーカーに入った水を出すということなのですが、よくわからずこの機能をONにしてしまうと解除するのにAppleWatchから音を出す必要があるので注意しましょう・・・・・。

iPhoneを呼び出す

これはAppleWatchから音がなるのではなくiPhoneから音をだして場所を伝えるという機能です。
押した瞬間問答無用でiPhoneから音が出ます。iPhoneをサイレントモードにしていようと着信音量を最低レベルにしていようと関係なく音がなります。
これも間違ってタッチして突然iPhoneから音が鳴ってしまわないように注意が必要です。
便利な機能ではありますが私は誤って押さないようにコントロールの下の方に移動させました。。

Nike Run Club

Apple WatchでもおなじみのNike Run Club(NRC)のアプリですが初期設定では音声がオンになっており、ランをスタートすると「ワークアウトを開始します」と音声が突然流れます。Bluetoothイヤホンなどを接続していればその場合はAppleWatch本体からではなくそのイヤホンから音声が出ます。ただ接続する前にランを開始するとAppleWatchが急に喋りだしてやや恥ずかしい思いをしてしまうので不要ならばオフにすることをお勧めします。

NRCを開いて画面を右にスワイプさせていきます。

一番右の画面が設定の画面になっており、その中に「音声」という項目があるのでそれをオフにすることで喋りだすことはなくなります。

AppleWatchは非常に楽しい

さすがにアラームなどは自分でセットしないと音はなりませんが、もっと意図せず音が出てくる場面があるかもしれないのでもしあれば追記していきたいと思います。