【パズドラ】仮面ライダースーパー1の性能/テンプレパーティを評価

パズドラ

仮面ライダーコラボガチャで入手可能な「仮面ライダースーパー1」の性能やチーム編成を考察します。

スポンサーリンク

メイン性能

【初期段階】

【変身1】

【変身2】

【変身3】

【変身4】

リーダスキル

変身前は使い物にならないが1度変身することで強大な力を手に入れることができる。
HP2倍/攻撃最大6×3の18倍/軽減付きということで数値的には文句のつけようのないトップクラスの性能といえる。ただ攻撃タイプで固める必要があり、手持ちに攻撃タイプ持ちが少ないとややパーティが組みづらいのが難点。

スキル

変身を重ねるごとにスキルが変わっていく。

  1. 操作時間3倍(変身前)
  2. 回復→火/闇→水(エレキハンド)
  3. 覚醒無効全回復(冷熱ハンド)
  4. 回復力・攻撃2倍エンハンス(レーダーハンド)
  5. 7倍エンハンス・500万固定ダメージ(パワーハンド)

1つ前の変身に戻したり、最後のパワーハンドから最初の変身前のスキルがループしていくということもないという点は気を付けたい。一番最後の変身形態である「パワーハンド」のスキルは7倍エンハンスと固定ダメージで強いが、使い勝手の面ではお世辞にも使いやすいスキルとはいいがたいのでポンポン変身スキルを使いすぎないように注意が必要。ただアシストのスキルを使った場合は変身せずスキルも変わらないのでスキルターンの短いアシスト武器を装備させて変身させにくくするのはアリ。

覚醒スキル

コンボ強化2個と無効貫通2個持ちということでかなり攻撃に特化している。
一番最後の変身形態であるパワーハンドにはさらにマシンキラーも付与されている。

サブ考察

サブに必要な要素1 – 攻撃タイプ

HP2倍の恩恵を受けられるのは攻撃タイプのみとなる。耐久力を上げるためにも攻撃タイプのみで編成するのがベター。

サブに必要な要素2 – コンボ強化

リーダースキルの最大攻撃倍率を出すには8コンボが必要。必然的にコンボしていくことになるのでサブもコンボで火力がでる「コンボ強化」の覚醒スキルを多く持つキャラを含めていく。

サブに必要な要素3 – 回復要因

HPが2倍にはなるが回復倍率は変わらない。リーダースキルの都合上攻撃タイプのみになるので回復のステータスも低くなりがち。できれば回復ドロップ強化や回復倍率が上がるスキルを持つキャラを含めると耐久しやすくなる。

サブに必要な要素4 – スキルブースト

変身前のリーダースキルはHP倍率も軽減もないため耐久が全くできない。
12ターンで発動な変身スキル素早く発動するためにもスキルブーストを多く持つキャラを含める。

編成案

編成案

ちなみに攻撃タイプであれば特に属性の縛りはないため火属性メインにこだわる必要はないが今回は火属性で編成を考察した。

  1. クローズWORSTコラボの月島花はスキブが合計5つあるため採用。コンボ強化は1つもないが悪魔キラーで悪魔タイプにのみ火力は出せる。
  2. 富士見ファンタジアコラボのリナはコンボ強化2/無効貫通1/悪魔キラー2と悪魔にたいして尋常じゃなく強い。スキルも最高に使いやすいため採用。
  3. 火コットンはコンボ強化、無効貫通、追い打ち、軽いスキルターンの回復生成と役割が多い。
  4. ストリートファイターVコラボのさくらは攻撃タイプでの貴重な回復ドロップ強化持ち。コンボ強化での攻撃参加も可能。

この編成だとスキブは10なので2ターンの耐久が必要。

その他サブ候補

サブ候補1 – 範馬勇次郎

主属性は闇だがスキルで火闇の2色陣が作れて2コンボ加算もついているので7コンボ無効貫通がしやすくなる。リナの代用で採用可能。超覚醒でスキブ+を付与すればスキブ3にできるため変身が早まる。

サブ候補2 – アカムトルム


モンハンコラボのアカムトルムは攻撃ステータス3000以上でのコンボ強化2個の火力は強烈。スキルでのロック解除陣が7ターンで打てるのも魅力。

サブ候補3 – 幕之内一歩


コンボ強化に加えて操作延長も複数持つ。さらにスキルでのバインド・覚醒無効解除、火ドロップ変換と何かと役に立つ性能をしている。スキブ1なのがややネック。

サブ候補4 – 坊屋春道


コンボ強化はさることながら、スキルでの火ドロップ目覚めが優秀。悪魔キラーも刺さる場面は多い。スキブは2。

サブ候補5 – 火イルミナ


スキブ4個と2色陣が強力。キラーは敵のタイプによるがある程度刺さりやすいものを持っているためある程度の活躍は見込める。

まとめ

攻撃タイプという縛りはあるものの、属性の縛りはないためパーティ編成の幅はかなり広い。
編成によってはダンジョンの1フロア目で数ターン耐久して変身スキルを貯める必要が出るためスキブの数と1フロア目の敵の攻撃力には注意していきたい。
変身さえできればかなり耐久力の高いチームになるので高難易度ダンジョンにも挑めるポテンシャルは秘めているといえる。