メンズのワキのにおいをとめるそいつの名前はデオナチュレ

雑記

ども、しょーちゃんです。

12月に入ってめっきりきっかりぽっかりと冬を感じている次第です。

ところでKREVAの一番新しいシングルの中に「健康」って曲があります。

40過ぎると話題が健康ばっかりになるという、、

もはやHIPHOPとかけはなれた内容の曲なのですが、

健康には気を付けたいものです。

健康という路線とは違いますが、自分が休日以外は絶対に使ってるもんがあります。

それは「デオナチュレ」・・。

スポンサーリンク

すみませんデオナチュレって何ですか?!

一言でいうと「ワキ(と足の裏)の匂いとってくれるやつ」です!!!

てゆうかそれ以外で言い表せられません。

足用とワキ用とがあって、ワキ用はスティックで塗るタイプ、足用はクリームです。

 

なんでデオナチュレ使うんですか?!

ワキが臭いからに決まってるからやろ!!!

いや、言い過ぎました。汗をかいた時に限ってワキがにおうからです。

常にではありません。なぜこのタイミングでこんな記事を書いたかというと

個人的に夏より冬のほうがにおいが気になるからです。

もちろん夏は夏でどちゃくそ汗かくので気になるっちゃ気になるんですが、

冬って着込むわけですよ。そうすると通気が悪くなるんですよ。

で暖房効きすぎてるところとか行くとちょっとじんわり暑くなったりするんですよ。

するとワキだけ汗かいたりするんですよ。結果、におうんですよ。

足も一緒なんすよ。ずっと革靴履いてると蒸れるんですよ。

蒸れると汗かくんすよ。結果、におうんですよ。

そういうことなんですよ。そういうシステムなんですよ。

最悪、ワキの場合はずっと長袖で、ずっとジャケット羽織っておけば

空気の循環をゼロにし、においを外に出さないという方法もありますし、

足も靴さえ脱がなければ密封されてにおいを封じ込めることもできます。

でも冬の季節、つまり年末年始、クリスマス、すなわち飲み会シーズンでは

靴を脱ぐ場面も多いと思うんですよ。そんな時にモワってなるからなんですよ。

そうならないためにデオナチュレを使うんですよ。

デオナチュレ使ったらどうなるんですか?

間違えたくないのは、汗を抑えてくれるわけではないんです。

「におい」を抑えてくれるんです。

でもそれだけで十分。足用も同じで、汗はちょい出るけどにおいは抑えられます。

足用のほうは汗自体を抑える成分も少し含まれているので人によっては汗自体ひくかもですね。

自分の場合は使えば完璧に無臭になります。これはにおいの強度によって個人差あるかもです。

 

デオナチュレの使い方はどうすればいいんですか?

まず当日の予定を確認します。

ワキ用に関しては基本毎日使ってよいでしょう。

足用に関しては、靴を脱ぐ用事がある場合は塗ります。

特にそういった予定もなく、仕事して家に帰ってくるだけって感じなら不要かもしれません。

ワキ用に関してはスティックタイプなのでワキにぬりぬりしたら終わりです。

公式の使い方には5~6回ぬりぬりして~って書いてあるけど、

個人差によって私は3回くらいのぬりぬりで効果があります。

足用の使い方は、小指の爪くらいの量を足の裏に出してそれを両足の裏でこすり合わせる。

以上!!!簡単すぎる。ちなみに使うタイミングはそれぞれ服を着る前、靴下をはく前です。

 

デオナチュレってどれくらい効果持つんですか?

朝一塗ったら余裕で夜までもちます。途中で風呂とか入ってしもたらそれは知らん。

逆に朝塗って夜風呂入らずの場合それ以降どれくらい持つかも知りませんが、

その場合ワキ以外のところが臭いと思うのでやめてください。

買ってから使い終わるまでって意味でいうと週に5日使ったとしても

余裕で2か月は持つんじゃないでしょうか。

少なくとも毎月は買ってない。下手したら3か月くらい持ってるかも。

 

デオナチュレ調べたらめっちゃ種類ありますやん。

とりあえずこの2種類抑えといたら間違いないのは

「デオナチュレ 男ソフトストーン」と「デオナチュレ 男足指さらさらクリーム」です。

さらに男用と女用で別れておりますが、効能に違いはありません。

女性用はちょっと塗る部分が小さくなってて小柄な人も塗りやすいようになってるのと

男性用はメントールの匂いがちょっとだけ女性より多いくらいなもんです。

他にパウダータイプとかジェルタイプとかあるけど、それは使ったことないです、はい。

 

さいごに

もしワキとか足裏とかのにおいが気になる人は

騙されたと思って使ってみてください。

自分も初めて使った時はなかなか衝撃でした。

もはや塗ってない日はちょっとそわそわしちゃうくらい

自分の中では塗ってることが当たり前になってしまった。