鉄拳について語る

鉄拳
スポンサーリンク

鉄拳について語ってく

こんちわ、しょーちゃんです

今日は好きなゲームの一つでもある鉄拳について語っていきます。

 

鉄拳との出会い

あれは確か高校の時、友人の家でゲームをしていた。

みんなでワイワイできるスマブラを中心にやはり対戦ゲームが盛り上がっていた。

その中にいたのが鉄拳TAGトーナメントだった。

ただ、このころのプレイというのは本当に適当に技振ってるだけで

駆け引きやら下手したらコンボすらもまともにできていなかったと思う。

でも頭の中では「鉄拳ってゲームは面白いゲームだ」という認識はあった。

確か小学校からの友達の「ひ~やん」が鉄拳面白いって持ってきたんじゃなかったかなー。

あんまり覚えてないです。いつのまにかありました。

でも自分はこの頃は2D格ゲー勢だったんで印象としては薄かったですね。

 

鉄拳への目覚め

大阪に引っ越した後、ゲーセン好きだった自分は格闘ゲームを眺めていた。

そのころは鉄拳5が流行しており、何やらカードを使っているのが見えた。

キャラをカスタマイズして遊べる・段位が記録されるといった要素が増えていたのだ。

これは面白そう!ということで早速カードを作ってプレイしていた。

しかしやっぱりまだどこか理解しきれていないところはあって

ほぼガチャプレイといってもいいと思う。

しかしそんな感じでプレイしていてもやはり勝てない。

勝てないためにどうしたら勝てるかを調べる。

当時そこまでネットを使いきれてなかったところもあり情報源は攻略本だった。

アルカディアと質実剛拳を見ながら少しずつ学んでいく。

ただしまだまだ3すくみとかは理解できていない。(今も完全ではない・・)

そんなこんなで家庭用鉄拳5も発売されたため一旦家庭用をもくもくとプレイする。

といっても鉄拳5は家庭用にオンライン対戦もないため、基本的にはコンボ練習

そして山ステの練習をみっちり行った。それこそ一日1時間山ステだけとかもやった。

すると1P側では割と高速な山ステを身に着けることができた。

そんなこんなで鉄拳を極めんべく練習に練習を重ねて

ずーっとレイヴンを使い続け鉄拳5DRでは風神、鉄拳6家庭用・BRともに無双、

TAG2は白虎、現在鉄拳7にてアーケード・家庭用ともに最大青龍まで行けました。

風神の壁が高すぎて無理ですね。

 

鉄拳の楽しみ方

鉄拳は本当に面白い。最初は適当に技振ってコンボして~だけが楽しかったけど

読み合いができるようになると、ここで待ってスカしてこれを~とか考えられるし

なんで負けたんだろ~、次はあぁしようこうしようとかいろいろできて楽しい。

風神まで行けないので自分への限界はもう感じているけど

それでもつえぇヤツと対戦してっとオラわくわくすっぞ。

もともとオンライン対戦がない時代はゲーセンに行って知らん人と台を挟んで対戦、

これが面白かったよね。最近アニメ「ハイスコアガール」でもやってたけど

台パンされたりしたり、灰皿飛んできたり(実際に飛んできたことはないが)

なんとも言えないコミュニケーションが生まれるわけですよ。

そんでたま~~に「いや~強いっすね~」とかこっちきて話してくれたりすると

自分から声かけられない私にとってはとてもうれしいことでそっから仲良くなったり

って感じで知り合いを作ることもできたいわば出会いの場なんですよね。

そんな鉄拳友達が数人いました。今はもうオンラインでどの店舗でも対戦できるから

たまーにマッチングしてキャッキャッしたりできるけど

わざわざ集合したりは少なくなるよね。

そんなこんなでゲーム自体ももちろん面白いけど

そういった交流ができたりするのも鉄拳の面白み。

1回だけだけどチーム組んで大会とかも参加できたしね。

 

最近の鉄拳・鉄拳の魅力について

スーファミ世代からすると、まさか格闘ゲームでプロが現れて

世界大会があって賞金が出てそれで飯食うようになるとか考えられなかったですね。

特に鉄拳は「最も長く続く3D対戦型格闘ビデオゲームシリーズ」として

ギネスにも認定されているし、e-Sportsのタイトルの一つにもなってて

めちゃめちゃ有名になったし、こんな未来想像できなかった。

鉄拳7になってきわどいシーンがスローになる演出があったり

レイジドライブ・レイジアーツとわかりやすい必殺技が増えたり

豪鬼・ギース・ノクティスとかの他ゲームとコラボしたり

エンターテイメントが加速したなぁと感じております。

個人的にはちょっとスプラトゥーンの方ばっかりやってるんで

本当たまにしかやらなくなったんで実戦はついていけない感あるけど

大会の動画とか見てるだけでも十分面白いんですよね。

今日もMASTER CUPってアーケードのでかい大会があって

残念ながら仕事でリアルタイムの配信は見れなかったけど

1000人規模の大会やってるとかゾクゾクします。

たとえばMASTER CUPなら前回どのチームが優勝したから2連覇するとか

強豪韓国勢に対してどこが立ち向かうとか、プロチームはどうなるとか

地元のプレイヤー応援するとか、好きなプレイヤー応援するとか

いろんな観方・楽しみかたがありますよね。

あと絶対勝てないけど出たい。その場の雰囲気楽しみたい。

プレイはせずともエンターテイメントを感じるという意味で

鉄拳は続けていきたいですね。

 

何が言いたいのか

鉄拳面白いよ。みんなやってみてね!そして対戦しましょう!