【ラーメン】蒙古タンメン中本+納豆は超絶美味い。

ご飯

ども、しょーちゃんです。
マツコの知らない世界で紹介されてた「蒙古タンメン中本」の斬新な食い方が斬新で、
その放送以降全国のセブンイレブンから蒙古タンメンが品切れを起こす自体になった(らしい)ようです。
近所のセブンイレブンには普通に売ってたけどね!!!
とりあえず真似して食べてみようと思います。食レポってやつです。

スポンサーリンク

普通にお湯を入れる

とりあえずまぁお湯入れますわな。ここまでは特になにもないですわな。

5分待つ

まぁ。。。。何もないですわな。待つだけですわな。
ちなみに割り箸でこういう感じに挟むと蓋がペロンチョしなくて便利。

納豆の準備をする。

セブンイレブンで一緒に納豆も購入。普段納豆食べないので。
でも納豆って栄養価最高に高いから体にいいのよね。食べていかなきゃね。
5分ってのがスプラトゥーン2のガチマッチ1試合分くらいだからちょうどいいとか思ったけど、納豆の準備もしなければということで開封。

カラシも一緒に入ってましたがマツコの知らない世界では特にカラシについて何も触れられてなかったので今回は入れません。

でもせっかくなのでタレは入れました。

まぜまぜしてこれで納豆の準備は完了。

中本さんの準備が整う!とりあえず納豆入れる前に一口食う!

無事に5分過ごすことができました。生きててよかった。

辛みオイルは全部いれちゃいました。自分そういうのイケるタチなんで。

とりあえず納豆入れる前に一口だけいただく。
シンプルな辛さが口の中を襲ってくる。刺激的だ。これはこれでやっぱふつうに美味しい。でも納豆いれます。

納豆投入!!!

惜しげもなくさきほど用意した納豆を全力でぶちまけます。
上等な料理にハチミツをぶちまけるかのごとく惜しげもなく投入していきます。

実食ッ

よーーく混ぜ混ぜしてからいただきます。
割り箸でつかんだ時はわからなかったが、麺を口に入れた時の感触が違う!
「ヌルッ」ときます。これは納豆のネバネバのやつだ!!!
麺をすくってみても納豆はあんまりついてこないが、麺には十分納豆の味が染みついている!!!
なんというか納豆の「甘み」のようなものがプラスされており、蒙古タンメンが本来もつ辛さを全く殺すことなく、一つのカップ容器の中で甘さと辛さが見事にシェアハウスしている。
スッと口に入れて噛むと「辛い!」なんだけど、刹那ッ!!!「あ、甘み?!」ってのが来る。追い打ちでくる。
これは美味い。さすが一言で経済を動かしていく人間、マツコ様の感想の通りだ。
上の写真にもある通り、なかなか麺に納豆の豆自体はくっついてくれないので、スープを飲みながら豆を吸引し、それとともに麺も口に含んで食べるというのがベターな食べ方だろう。

完食ッッ!!!!

スープの中に豆が結構残っていたのでスープも飲むことにしたが、このスープも納豆の味をしっかり吸収してていい感じにケミストリーしてる。
なんの躊躇もなく全部スープを飲み干すことができた。辛さは普通に共存して残ってるので一気に飲み干すのは難しいが、それでも「もっと飲んでいたい・・・もっと飲んでいたい・・・!!」と思わせてくるこの味のツープラトンは素晴らしい。

まとめ

美味しさをどれくらいのレベルでっていうのを表現するのは言葉ではなかなか難しいと思うんですが、美味さの衝撃具合をあえて表現するなら大阪名物インディアンカレーを初めて食べた時と同じくらいでしょうか。
あの甘ッ!?からの辛ッ!!!と似たような衝撃を受けました。納豆なしの辛さが100唐辛子ポインツだとすると納豆を入れることで90唐辛子ポインツくらいにはなりますが全然辛みも味わえる。
これは普通に試す価値ありですね。ぜひご賞味あれ。